FreeBSD Daily Topics

2013年1月25日 新機能追加/UIの改善,EasyPBI 2.0 試験目的で公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

production

EasyPBI Version 2 Available for Testing

従来の実装を完全に書き換えた新しいパッケージ管理ツール「EasyPBI 2.0」がレビュー目的で公開されました。試すための方法や注意事項などはすべてEasyPBI Version 2 Available for Testingに記載されています。

UIが改善されているのはもちろんですが,Ports Collectionを使わずにローカルディレクトリからPBIパッケージを構築できるようになったところが注目されます。また,amd64アーキテクチャ版でi386アーキテクチャ向けのパッケージが構築できるようになった点も注目ポイントです。まだ開発段階でメッセージの翻訳などはこれからと説明があります。

内部の細かい話になりますが,ビルド時のオプションの扱いとしてOptionsNGフォーマットを使うようになったところもポイントといえます。現段階で操作にはいくつかの注意が必要なので,パッケージが使えればよいというユーザ向けの段階にはなっていません。パッケージが管理できればよいというだけであれば,PC-BSD 9.2の登場を待ってから使ってみてください。

コメント

コメントの記入