FreeBSD Daily Topics

2013年1月31日 FreeBSD 2012年第2四半期ステータスレポートからFreeBSD on ARM

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

report

FreeBSD Quarterly Status Report April-June, 2012

2012年第2四半期分のFreeBSDステータスレポートの内容から,もうひとつだけ紹介しておきます。

ここ数年,FreeBSDのARM対応が著しく進んでいますが,2012Q2のステータスレポートにもその様子を見ることができます。

FreeBSD/arm on ARM Fast Models Simulator for Cortex-A15 MPCore Processor

ARM Fast Models Simulatorで動作するFreeBSDに関する情報が報告されています。報告されている段階ではシングルユーザモードでARM Fast Models上でFreeBSDが動作するようです。使用できる機能として次の項目が記載されています。

  • L1キャッシュ,L2キャッシュ,ブランチプレディクター
  • WBキャッシュモードにおけるデュアルコアサポート
  • Cortex-A15に統合されているタイマ
  • ARM周辺機器コンポーネント(PL011 UARTコントローラ,PL390 GIC割り込みコントローラ,SP804デュアルタイマ)

今後の課題としてマルチユーザモードでの動作や,クアッドコアのサポートなどが説明されています。シミュレータは実際に製品が販売される前の段階で開発できるため,ARMのように組み込み機器での採用が進んでいるプロセッサにOSを対応させていく場合,シミュレータが重要になります。

FreeBSD/at91

Warner Losh氏から,Atmelに関する作業についても報告があります。2012Q2の段階では今後の作業方針が説明されているといった段階です。

コメント

コメントの記入