FreeBSD Daily Topics

2013年7月22日 LLDBデバッガ,ベースシステムへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

LLDB Debugger Port

LLDBデバッガのFreeBSD対応がアクティブに進められています。LLDBはLLVMプロジェクトのもとで開発が進められているデバッガで,現在のところamd64アーキテクチャ/シングルスレッドにおいて動作が確認されています。最終的にはFreeBSDのベースシステムにマージする方向で開発が進められています。

LLDBのFreeBSD対応はEd Maste氏によって進められています。Ed Maste氏はLLDBのコミッターにもなりましたので,直接LLDBのソースツリーにアクセスして開発を実施しています。この開発はDARPA/AFRL,SRI International,ケンブリッジ大学のスポンサーシップのもとで実施されています。

マルチスレッドへの対応やウォッチポイントへの対応,リモートデバッグ機能の実装,カーネルデバッグ機能の実装,ほかのアーキテクチャ(ARM,MIPS,i386)への対応,クロスデバッグへの対応など,開発すべき多くの項目が残されていますが,最終的にはFreeBSDのベースシステムへマージされる方向です。FreeBSD 10.0-RELEASE以降に取り込まれるのではないかと見られます。

参考:LLDB Debugger Port

コメント

コメントの記入