FreeBSD Daily Topics

2013年7月24日 Capsicum対応:hastd(8),tcpdump(1),dhclient(8),rwho(8),rwhod(8),kdump(8)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

Capsicum on the userland

ケーパビリティの実装でありコンパートメント技術でもあるCapsicumを,FreeBSDのユーザランドコマンドに適用する取り組みが進められています。現在のところ,FreeBSD 10-CURRENTのユーザランドコマンドではhastd(8),tcpdump(1),dhclient(8),rwho(8),rwhod(8),kdump(8)などにCapsicumを利用するコードが追加されています。

カーネルにおけるCapsicumの実装はすでに完了しており,コードのクリーンナップ,さらなる適用範囲の拡大などが取り組まれています。FreeBSD 10.0-RELEASEの登場までにはさらに多くのコマンドがCapsicumに対応するものと見られます。FreeBSD 10.0-RELEASEはCapsicumが適用されたセキュリティの堅牢なバージョンになるものと見られます。

参考:Capsicum

コメント

コメントの記入