FreeBSD Daily Topics

2013年8月19日 FreeBSD 9.2-RC登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

release

9.2-RC2 Now Available

FreeBSD 9.2-RELEASEへ向けた準備リリースの2つ目「FreeBSD 9.2-RC2」が公開されました。FTPサイトからamd64版,i386版,ia64版,powerpc版,sparc64版のISOイメージとUSBメモリイメージをダウンロードできます。ソースコードで手に入れる場合にはreleng/9.2を指定します。

アナウンスによるとRC1と比べて次の変更が取り込まれているということです。

  • GPTパーティショニングツールによって発生する起動時の問題の修正
  • いくつかのPCIディスクコントローラが起動時に見えなくなる問題の修正
  • bootonly.isoからシステムをイントールする場合誤ったFTPパスを指定していた問題の修正
  • AAAAルックアップに関してMicrosoft DNSサーバとリゾルバの間で問題になっていたsendmailに関するバグの修正
  • Adaptec 2230Sおよび2820SAにおいてMSIを無効化
  • bsdinstall(8)およびbsdconfig(8)で使用されるFTPミラーリストを更新
  • igb(4)において発生していたパニック問題を修正
  • mlx(4)ドライバのアンロードまたはダウン時に発生していたパニック問題を修正

RC2のリリースはほぼ1週間遅れでのビルド開始となりました。FreeBSDの開発は週末ごとに一気に進む傾向があるため,遅延は多くの場合で1週間単位で増えていく傾向にあります。現在のペースでビルドが進んだ場合,9月の第1週または第2週あたりでFreeBSD 9.2-RELEASEということになりそうです。

安定性やバグの修正,セキュリティ対策,新機能や性能などを加味すると,現段階では新しく8系を採用する積極的な理由は見当たりません。安定したサーバが必要な場合にもFreeBSD 9.2-RELEASEは適切なバージョンではないかと見られます。

コメント

コメントの記入