FreeBSD Daily Topics

2014年2月20日 FreeBSD Journal登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ebook

FreeBSD Journal available

FreeBSD開発者らによって構成されるボードメンバーによって構成された編集チームから年6回の電子書籍「FreeBSD Journal」の出版が開始されました。初号は2014年1月に出版される「FreeBSD 10.0-RELEASE新機能特集」などです。iPad,iPhone,Android,Kindle,Google Playなどにおいてアプリとして提供されます。

アプリのインストール自体は無料で,そのあとでコンテンツのサブスクリプションが必要です。毎号個別に購入する場合は6.99米ドル,1年間6冊分を購入する場合は19.99米ドルです。発表当初はGoogle Playでのみコンテンツが検索に出てこないという初期不良がありましたが,現在ではすべてのストアでFreeBSD Journalが購入できるようになりました。

FreeBSDコミッタやFreeBSDデベロッパらが執筆した最新のコンテンツを2ヵ月ごとに取得できます。FreeBSD専門の技術雑誌として価値の高いコンテンツですので,すべてのFreeBSDユーザにお楽しみいただければと思います。編集のボードメンバー(敬称略)はJohn Baldwin,後藤大地,Joseph Kong,Dru Lavigne,Michael Lucas,Marshall Kirk McKusick,George Neville-Neil,佐藤広生,Robert Watsonです。

コメント

コメントの記入