FreeBSD Daily Topics

2014年2月21日 FreeNAS 9.2.1-RELEASE登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

products

FreeNAS 9.2.1-RELEASE available

FreeNASの最新版となるFreeNAS 9.2.1-RELEASEが公開されました。FreeNASはFreeBSDをベースに開発されたNASソリューションです。バージョン番号が9.2.0から9.2.1へとマイナーアップデートとなっていますが,189のバグが修正されているほか新機能の追加,ユーザインターフェースの洗練,パフォーマンスの向上,対応するデバイスの追加など注目に値するバージョンとなっています。

「FreeNAS 9.2.1-RELEASE」の主な特徴をまとめると次のようになります。

  • Windows Domain Controllerとして振る舞う機能を追加
  • Windows Server 2012以降でサポートされているサーバサイドコピーをサポート
  • SMBプロトコルバージョン3に対応
  • Appleファイル共有機能の向上
  • ZFSスナップショットを操作するためのWeb APIを追加
  • IPMIによるネットワーク管理機能を追加
  • LSI 12G SASドライバを追加(実験的提供。本番環境では6G SASアダプタの使用を推奨)

FreeNASは日本では特に人気の高いFreeBSDベースソリューションです。FreeNASをオペレーティングシステムとして組み込んだNASソリューションを販売しているベンダなどがあり世界中で人気があります。ただし,海外では日本とは状況が異なりFreeBSDベースのルータ/ファイアウォールソリューションであるpfSenseにも高い人気があります。FreeBSDベースのソリューションとして特に注目されているのがFreeNASとpfSenseです。

コメント

コメントの記入