Linux Daily Topics

2009年10月14日 Dreamlinux 4.0 Alpha─ブラジル発のLinuxディストリビューション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本から見ると地球の裏側にあるブラジルは,実は公共/民間ともにLinuxシステムが広く採用されている国である。とくに政府の姿勢が積極的で,同国の電子投票システムがLinuxで構築されていることはつとに有名。あまりの普及ぶりにいらだったMicrosoftの現地法人社長が「そんなにLinuxばかり使うなんて!」とやっかみに近い声明を出したこともある。

そんなお国柄であるからして,独自のLinuxディストリビューション開発も当然さかんに行われている。ちょっと古いが,旧Mandrakeに買収されたConnectiva(現Mandriva)などが有名だ。日本人ユーザがわざわざ使うことは少ないと思うが,ちょうど先週,ブラジル発のディストロのひとつである「Dreamlinux」に動きがあったので簡単に紹介したい。

Dreamlinux 4.0 Alpha

画像

Debianベースのデスクトップ用ディストリビューションで,現行バージョンは3.5。Mac OS Xに似たGUIが特徴。⁠リッチなマルチメディアエクスペリエンス⁠をユーザが実感できるよう,メディアプレーヤー環境を充実させることに力を入れている。インストールもしごく簡単。

10月9日(現地時間)に次期バージョン4.0のアルファ版「Dreamlinux 4.0 Alpha」が公開された。このバージョンの目指すところは⁠low fat and fast response”,つまり軽量で高速なディストリビューションだ。アルファ版のISOイメージ(Xfce版)のサイズは586Mバイトとたしかに軽い。カーネルは2.6.29.3をベースにしており,デフォルトデスクトップにはXfce 4.6.1.2を採用している(GNOMEにも変更可)⁠Debianの次期バージョン「Squeeze」リポジトリからパッケージを作成,パッケージ管理にはSmartを使用する。対応言語は英語とポルトガル語のみ。

アルファ版のため,現在はバグレポートを開発者に呼びかけている段階だが,今後の進捗が楽しみなディストロである。

Dreamlinux
URL:http://www.dreamlinux.com.br/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入