Linux Daily Topics

2009年11月17日 BeOSライクなディストリビューション「ZevenOS 2.0」リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ZevenOSコミュニティのLeszek Lesner氏は11月15日(現地時間)⁠UbuntuベースのLinuxディストリビューション「ZevenOS 2.0」の公開を発表した。すでにLiveCDのISOイメージがダウンロード可能となっている。

ZevenOSは,BeOSライクなユーザインターフェースをLinuxデスクトップ環境で実現するオープンソースのプロジェクト。使いやすさ,ハイパフォーマンス,ネットブックを含む幅広いハードウェア環境での動作をめざしている。

画像

ZevenOS 2.0はリリースされたばかりのUbuntu 9.10をベースにしており,それに伴い,PulseAudioの採用,HALからDeviceKit/MagicKitへの変更など,前バージョン(1.1)に比べて多くの点が改良されている。最大の特徴である⁠BeOSライク⁠な部分についても,デスクバー,アイコンやGTK+テーマといった外観が,よりBeOSに近いものになった。また,ディスクマネージャがBFS(BeOSのファイルシステム)パーティションの自動識別をサポートするので,BFSマウントも可能だ。

LiveCDのサイズは700Mバイトにも満たないが,いくつかのお勧めアプリケーションをまとめた「MAGI 2」というアプリケーションランチャが別に用意されており,必要なソフトウェアを簡単にインストールすることが可能。そのほか,ビデオエンコーディングアプリケーションの「Encode」⁠Haiku OSを試すことができる「Haiku-DD-Installer」⁠システム診断ツールの「MAGI」⁠メール,IMなどコミュニケーション環境を管理する「People」⁠カスタムZevenOSを作成するためのリマスターキットなども用意されている。

デスクトップテーマも設定可能

デスクトップテーマも設定可能

ZevenOS
URLhttp://www.zevenos.com/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入