Linux Daily Topics

2009年12月18日 Ubuntuコミュニティ リーダーのShuttleworth氏がCanonicalのCEOを辞任

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

英Canonical CEOでUbuntuコミュニティのリーダーとしてプロジェクトを指揮するMark Shuttleworth氏は12月17日(英国時間)⁠同社のCEOを辞任すると発表した。後任には同社COOのJane Silber氏が着任する。

Shuttleworth氏はUbuntuプロジェクトから離れる予定はなく,引き続きコミュニティのリーダーとしてUbuntu Linuxの開発に関わる。CanonicalのCEOを退く理由として,⁠自分の情熱をUbuntuの開発に集中させたい。⁠Canonicalの)ビジネスを牽引するにはJaneは最高の人材だ」と語っており,2010年3月1日に委譲を完了させる予定だ。

世界で最も普及しているLinuxディストリビューションとなったUbuntuだが,その開発資金を供出しているCanonicalの財政状況は決して好調とは言えず,Shuttleworth氏の個人資産に頼る状況が続いている。同社の社員数は現在約300人。Dellのミニノートに採用されるなど,デスクトップビジネスは比較的順調だが,エンタープライズビジネスにおける成長が当初の予定よりも伸びず,苦しい戦いを強いられている。新CEOとなるSilber氏に期待されている部分はこのエンタープライズビジネスの強化であり,企業への導入事例数をいかに増やすかが問われるといえるだろう。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入