Linux Daily Topics

2010年1月27日 Linuxコード開発者の75%はボランティアではなく「業務命令」で

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linuxカーネルの現在のバージョンは2.6.32,コードの行数はおよそ280万行に上る。約1年前のバージョンである2.6.28に比べると,約5万5,000もの変更が加えられている。以前にも紹介したカーネルコントリビュータのJonathan Corbet氏によれば,毎日7,000行以上のコードが追加/変更されている計算になるという。

ではこの日々の膨大な作業を支えているのはどんな人びとなのか。Corbet氏によれば,カーネル開発者のうち,純粋にボランティアとして作業している人は全体の約18%に過ぎず,また7%は所属がはっきりしないという。そして残り75%は,所属企業から"業務命令"でカーネル開発に携わるように申し渡されている開発者だ。つまり,大半の開発者がLinuxカーネル開発で給与をもらっているということになる。

開発者の出身企業別で見ると,Red Hatがトップで12%を占め,Intelの8%,IBMとNovellの6%,Oracleの3%とつづく。いずれもLinuxビジネスの世界では互いにライバル関係にある企業ばかりだが,ベースとなるカーネル開発となれば互いに協力せざるを得ないようだ。

気になる点としてはGoogleの名前が見あたらないところ。ChromeOSやAndroidなど,Linuxをベースとしたソフトウェアを数多く開発しているGoogleだが,今のところ表だってカーネル開発には積極的に関わっていない。前述の企業はどこも,自社で開発した技術をカーネル開発にも反映させるべく努力をしているが,Googleにはその兆候はまったく見えない。

オープンソースの開発スタイルは"ボランティア=自由意志"と思われがちだが,Linuxカーネルのようにコードの行数はもちろん,ビジネスとしての重要度が大きくなりすぎると,純粋なボランティアだけで支えることはもはや無理のようだ。そしてGoogleのような巨大企業がギブ&テイクのテイクだけ,という状況もそろそろ許されなくなるのかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入