Linux Daily Topics

2010年9月29日 Tuxモニュメント,ロシアにあらわる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ロシア・シベリアの西側を流れるトゥラ川のそばに,チュメニ(Tyumen)という人口50万人程度の街がある。この街でホスティング事業を行っているTyunetという会社のCEO Sergey V Mikhailov(セルゲイ・ミハイロフ)氏が発起人となり,Linux史上初めてのコトが実現された。なんとLinuxペンギン「Tux」のモニュメントが作製されたのだ。

Mikhailov氏はTyumenのLinuxユーザコミュニティを率いており,同コミュニティがこのプロジェクトを推進してきたもよう。⁠誰もが開発に参加できるLinuxの可能性を象徴するようなモニュメント」を目指して作られたそうだ。出来上がったモニュメントを見ると,立体的なブロンズっぽいTuxの両脇からワシの翼が生えているというデザインである。ペンギンとワシの合体……なんだかちょっとシュールな気も。

鳥人間よろしく翼をつけた?! ペンギン

鳥人間よろしく翼をつけた?! ペンギン

以下はMikhailov氏のコメント。

ペンギンが飛べないなんて誰が言った? コレを見よ! たとえ天賦の才が備わっていなくても,小さな鳥だって翼を得ることはできるんだ。我々はTuxをもっとポピュラーな存在にしたい。だからこのプロジェクトを実行したんだ。

ちなみにこのモニュメントをどこに設置するかはまだ未定らしい。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入