Linux Daily Topics

2010年10月27日 Ubuntu,GNOMEに別れを告げる!? Natty NarwhalではUnityがデフォルトUIに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Ubuntuといえば,Debianベース,そしてGNOMEベースと決まっている。ところが,その"決まりごと"がどうやらガチの決まりではなくなってきたらしい。米オーランドで開催されているUbuntu Developer Summitにおいて,Mark Shuttleworth氏は「Natty Narwhal(Ubuntu 11.04)ではデフォルトUIをGNOME ShellではなくUnityベースにする」と発言した。

Unityは現在,Ubuntuのネットブックエディションで採用されているCanonical開発のインターフェース。ネットブックだけでなくデスクトップのUIにもUnityを採用するというこの決定について,Shuttleworth氏は「UnityもGNOMEのシェルであることには変わりない。GNOME Shellではないだけだ」と語っており,UbuntuがGNOMEベースのディストリビューションであることには何ら変更はないと強調している。

だが,GNOMEユーザやUbuntuパートナーの一部からはすでに反発の声が上がっている。パートナーの中には,⁠Unityは遅くて使いにくい」としてMaverick Meerkat(Ubuntu 10.10)にアップグレードせず,Lucid Lynx(Ubuntu 10.04)のネットブックエディションにこだわり続けているところも多く存在する。Natty Narwhalは来年4月にリリースされる予定だが,それまでにUnityをデフォルトUIに仕上げるにはさまざまな変更作業が必要になるため,まともなデスクトップになるはずがない,といった声もある。

もっとも何か新しいことを起こそうとすれば,反対勢力が現れるのは当然,とShuttleworth氏はいたって冷静だ。⁠UnityとGNOME Shellが競合関係になるのは良いことだ」と,むしろより活発な議論を望んでいるようだ。Natty Narwhalの最初のアルファ版は12月初旬に公開される予定だ。はたしてUIにUnityをまとって登場するのか,今から興味が尽きない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入