Linux Daily Topics

2010年11月2日 天国のFransに捧ぐ─Debian Installer 6.0のベータ版が登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

待望の"Squeeze"ことDebian GNU/Linux 6.0のリリースが近づく中,Debianインストーラ開発チームのOtavio Salvador氏は10月30日,インストーラのβバージョン「Debian Installer 6.0 Beta1」の公開を発表した。Salvador氏は,8月に亡くなったDebian開発者のFrans Pop氏にこのリリースを捧ぐとしている。

Debian Installer 6.0 Beta 1におけるおもな改善点は以下の通り。

  • PlayStation 3用のカーネルが自動選択可能に
  • Windows用リカバリパーティションを正しく認識
  • Linuxカーネルが2.6.32にアップデート
  • GNU Partedが2.2にアップデート
  • 「Marvell GuruPlug」⁠Marvell OpenRD-Ultimate」⁠HP t5325 Thin Client(一部)」を新たにサポート対象プラットフォームとして追加
  • ブート時(cdrom-detect/try-usb=trueを追加時)にISOハイブリッドイメージをサポート
  • ディスカバーパッケージからdiscover-pkginstallを使用して個別のハードウェアに特化したパッケージを検出し自動でインストール
  • 英語を含む全67言語のサポート ─カンナダ語(インド南部)/ペルシャ語/テルグ語(インド南東部)の追加,コンソールベースのインストーラにタイ語を追加,ウォロフ語(セネガル)/ウェールズ語のサポート中止

また,DHCPクライアントとしてudhcpcを使用している(kFreeBSDイメージを除く)⁠またReiserFSファイルシステムのデフォルトでのサポートはなくなった。

オランダ人開発者のFrans Pop氏は2004年にDebian開発に参加,2006年からインストーラプロジェクトで中心的役割を果たすようになり,とくにインストールガイドにおける貢献が顕著だった。8月30日に40代でガンで死去,多くのDebian関係者がその死を悼んだ。

Salvador氏は,何らかの形で同インストーラにFrans Pop氏の名前を残したいと語っている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入