Linux Daily Topics

2010年11月11日 ミッションクリティカルシステムの最高峰 Red Hat Enterprise Linux 6がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hatは11月10日(米国時間)⁠サンフランシスコの同社イベントで「Red Hat Enterprise Linux 6」のリリースを発表した。同社の製品&技術担当プレジデントのPaul Cormier氏は「RHEL6はこの10年の開発とパートナーシップを結晶させた最高の成果物。これでもってLinuxをより多くの企業に浸透させていきたい。Microsoftサーバのエコシステムを突き崩す力をもっている」と,その出来映えに自信を見せている。

Linuxカーネルには2.6.32を採用しているが,プラットフォームビジネスユニットのバイスプレジデント Jim Totton氏によれば,3,500以上の変更をカーネルに施しているという。とくに電源管理については注力して開発,RHEL 5.xに比較して20%以上の省電力を実現した。収録パッケージは2,000以上,追加した新機能は1,800以上におよび,1万4,000ものバグフィクスを行ったとしている。

大規模環境における最適化も図られており,メモリは16テラバイト,プロセッサは4,000CPUまで制御可能,さらに次世代アーキテクチャのNUMA(Non-Uniform Memory Access)もサポートする。

また,AMD,Cisco,Dell,富士通,日立製作所,HP,IBM,Intel,NECなどのおもだったハードウェアベンダと提携,各社の新製品にもフレキシブルに対応させる。

同社が挙げているRHELの主な特徴は以下の通り。

  • 大規模環境,一元管理のエンタープライズデプロイに最適化されたアプリケーションプラットフォーム
  • 最新世代の高いスケーラビリティをもつハードウェアにおいても最適化実施
  • ホスト/ゲスト環境を問わず,仮想化環境にいては業界最高のパフォーマンス,フレキシビリティ,セキュリティ
  • 物理環境,仮想環境,クラウド環境のいずれのデプロイにおいても安定しており,また新技術も採り入れやすく,長期使用に適したプラットフォーム

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入