Linux Daily Topics

2011年2月7日 ついに登場! Debian 6.0 "Squeeze"

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Debian Projectは2月6日,Debian GNU/Linux 6.0(開発コード"Squeeze")の安定版のリリースを発表した。BSDカーネルを初めて採用したテクニカルプレビュー版の「Debian GNU/kFreeBSD」など,注目すべき点が多いバージョンに仕上がっている。

Linuxカーネルは2.6.32を搭載,デスクトップ環境にはKDE 4.4.5,GNOME 2.30,Xce 4.6の3種類が含まれている。その他の主要なソフトウェアは以下の通り。

  • X.Org 7.5
  • LXDE 0.5.0
  • OpenOffice.org 3.2.1
  • GIMP 2.6.11
  • GCC 4.4.5
  • Xen Hypervisor 4.0.1
  • Apache 2.2.16
  • OpenJDK 6b18
  • PostgreSQL 8.4.6
  • MySQL 5.1.49
  • Perl 5.10.1
  • Python 2.6.6/2.5.5/3.1.3
  • PHP 5.3.3

全パッケージ数は2万9,000以上,新規に追加されたパッケージは1万以上に上り,その中にはブラウザのChromiumやネットワークマネージャのwicdなどが含まれる。対応アーキテクチャはi386,amd64,powerpc,sparc,mips(big-endian)⁠mipsel(little-endian)⁠ia64,s390,armelの9アーキテクチャ。

最も注目されるのは,カーネルにFreeBSDを,ユーザランドにDebianを用いたテクノロジプレビュー版「Debian GNU/kFreeBSD」⁠32ビット(kfreebsd-i386)と64ビット(kfreebsd-amd64)に対応している。BSDカーネルをLinuxに採用するという非常にユニークな試みで,今後の展開への期待も大きいが,現状ではテクノロジプレビューという扱いのため,デスクトップの機能の一部など,サポートされていない部分もいくつか存在する。

また,Squeezeではカーネルが完全に"フリー"であることを徹底,商用ファームウェアなどはすべて非デフォルト扱いになっている(ファームウェアは別途CDまたはUSBからインストール可能)⁠

インストールプロセスの大幅な改善もされており,サポート言語は70,パーティショニングは論理ボリューム,RAID,暗号化システムに対応する。ファイルシステムはext4とBtrfsのサポートが加わっており,Debian GNU/kFreeBSDではZFSもサポートする。

すでにDebianのサイトのほかBitTorrentなどからISOイメージを入手することが可能になっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入