Linux Daily Topics

2011年8月24日 Fedora 16 Alphaが登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Fedora Projectは8月23日(現地時間)⁠11月リリース予定の次期バージョン「Fedora 16(開発コード"Verne")⁠のアルファ版を公開した。

ブートローダーには,次世代ブートローダーと言われるGRUB 2を採用,LVM2とLUKS(Linux Unified Key Setups)をサポートしている。正式リリースではGRUB 2が全アーキテクチャのデフォルトブートローダーとなる予定だが,現在はx86版のみでデフォルトして利用可能。

デスクトップ環境にはGNOME 3.1の開発版およびKDE 4.7がバンドルされている。またGNOME Shellも新たに追加されている。

また,すでにディプリケートされていたHALは今回のバージョンから完全に削除された。これにより起動のパフォーマンスが大幅に向上する。

その他,含まれている主なソフトウェアは以下のとおり。

  • Linux 3.1rc
  • GCC 4.6.1
  • LibreOffice 3.4.3開発版
  • Firefox 6.0
  • Perl 5.14.1
  • PHP 5.3.7
  • Python 2.7.2
  • Chrony 1.26

Chronyは今回からデフォルトとなったNTPクライアントで,メモリ消費量や電力消費量が小さいという利点のほか,長期間オフライン状態にあっても正確なタイムキーピングを実現できる点が特徴だ。

Fedora 16は今後,9月末にベータ版,10月末にリリース候補版が出た後,11月末に正式版がリリースされる予定となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入