Linux Daily Topics

2011年9月7日 これからはGitHubで!? Linux 3.1-rc5はGitHubで配布

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先日お伝えしたようにLinuxカーネルのリポジトリを保存していたKernel.orgのサーバがクラッキングの被害に遭い,現在,原因調査のため,Kernel.orgのマスターサーバは稼動していない。これに困ったのが我らがLinus Torvalds氏である。Linuxカーネル3.1は今月中にも正式公開される予定だが,新しいリリース候補版(rc5)を置く場所がなくなってしまったからだ。

Linus氏は「今回は(rc版の公開を)スキップしようかとも思った」そうだが,やはりそれでは開発に支障が出ると判断,OSS開発のプロジェクトホスティングサービスとして人気の高い「GitHub」にてLinux 3.1 -rc5を9月4日に公開した。

torvalds/linux -GitHub
URL:https://github.com/torvalds/linux

Linus氏はいまのところ,GitHubに置いたのは暫定的な措置で,Kernel.orgが復旧するのを待っているとしている。だが,GitHubの特徴である使いやすいインターフェースやツール群に慣れたユーザからは「このままGitHubをカーネル開発のコアにしてほしい」という声も上がっており,また,セキュリティの面からもGitHubのほうがすぐれているという意見もある。

現在のところ,Kernel.orgからはクラッキングに関する新しい調査結果は発表されていない。このままサービス停止が長引けば,Linuxカーネル3.1はGitHubで公開されることになるかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入