Linux Daily Topics

2011年10月28日 GNOME 3.4に向けての第一歩─GNOME 3.3.1が公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The GNOME Release Teamは10月27日,次期バージョンGNOME 3.4のデベロップメントリリース第1弾として「GNOME 3.3.1」を公開した。

GConf,glibなど主要なモジュールがアップデートされているほか,アプリケーションまわりでの細かい変更が数多くなされている。メッセンジャーソフトのEmpathyのユーザインターフェース(New Call,New Conversationなど)の向上,GTK+のバグフィクス,WindowsマネージャのMutterでドラッグ&ドロップ中,キー操作でウィンドウの切り替えが行えるようになるなど,操作性の改善が目立つ。また,ファイルマネージャのNautilusではGtkGridがサポートされている。

GNOME 3.4は来年3月末のリリースが予定されており,メールクライアントのEvolutionやGNOME Documentなどの主要アプリケーションの大きな変更があると見られている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入