Linux Daily Topics

2011年11月28日 ただいま人気No.1! Linux Mint 12がさっそうとリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ここ何年もの間,最も人気のあるLinuxディストリビューションの座を守ってきたUbuntuがいま,Linux Mintにその座を危うくされている。人気急落の原因はユーザインターフェース「Unity」に対する既存ユーザのアレルギーが予想外に高かったことにあると言われており,強気な態度が持ち味のかのMark Shuttleworth氏も,最近は発言にキレがない感すらある。

そして現在,「DistroWatch」の平均ページランクでここ1年ほど首位を独走中のLinux Mintが11月23日「Linux Mint 12(開発コード"Lisa")⁠をリリースした。Unityで人気を落としたUbuntuとは対照的に,GNOME環境の提供を重要視するMintは,GNOME 3だけでなく,GNOME 2互換を実現している姿勢が多くのユーザに支持されており,Mint 12ではGNOME 2互換インターフェースの「MATE」が用意されている。

Linux Mint 12 MATEの画面

Linux Mint 12 MATEの画面

MintはもともとUbuntuをベースに開発されているディストリビューションである。今回はUbuntu 11.10をコアにしており,Linuxカーネルには3.0を採用,デフォルトデスクトップ環境はGNOME 3.2で独自シェルエクステンションのMGSE(Mint GNOME Shell Extension)を備えている。当然(?)ながらUnityは含まれていない。

ブラウザはFirefox 7.0が搭載されているが,今回からMoonlight(SilverlightのOSS実装)はクラッシュが多発するという理由から外されている。

起動スプラッシュ画面は,従来のグリーンのロゴが表示されたものから真っ黒なブラックスクリーンに変わっている。

GNOME環境が整っていることに加え,インストールのしやすさやWindowsインストーラ(mint4win)が用意されているなど,初心者にも配慮した点が多々見られるLinux Mint 12。この新リリースで人気を不動のものにする可能性は十分に高い。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入