Linux Daily Topics

2012年3月21日 Androidがふたたびマージ! Linuxカーネル3.3がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

3月18日(米国時間)⁠Linus Torvalds氏はLKMLでLinux 3.3のリリースを発表した。予定外のリリース候補版(rc7)を出したものの,開発は全般に順調で,おおむねスケジュール通りの公開となった。

Linux 3.3 release :Linus Torvalds
URL:https://lkml.org/lkml/2012/3/18/132

Linux 3.3でもっとも注目される特徴はAndroidのマージだろう。一度は開発のメインラインから離れたAndroidだが,今回は数多くのAndroidサブシステムや機能が統合され,Android/Linuxの両方で動作するドライバやシステムの開発が容易になると見られている。⁠LinuxとAndroidの統合はさらに進む」とカーネルメンテナーのGreg Kroah-Hartman氏も明言しており,次バージョン以降ではパッチの統合や電源管理システムの改善などが予定されている。

その他の新機能/改善点としては,

  • Btrfsの改善(バランスオペレーション)
  • マルチレイヤネットワークスイッチのソフトウェア実装「Open vSwitch」
  • ネットワークのレイテンシとスループットの問題を改善する「Bufferbloat」
  • ext4のオンラインリサイジング改善
  • 新アーキテクチャ(Texas InstrumentsのC6X)サポート

などが挙げられる。

Linusは3.3のリリースと同時にLinux 3.4のマージウィンドウをオープンしているが,⁠しばらく春休みで子供たちとオレゴンに行ってるので来週末(3/24ごろ?)まではネットにいっさいアクセスできないから」と休養宣言,rc1は早くとも3月末となりそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入