Linux Daily Topics

2013年9月14日 Linusのメインマシンのディスクがダウン,Linux 3.12のコードネームは"自殺リス"に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

7つのリリース候補版(rc)を経て,9月2日にリリースされたLinux 3.11。セキュアなテンポラリファイルを作成できるO_TMPFILEフラグやNFS 4.2のプレリミナリサポート,ページをスワップする代わりにメモリ上のページに動的に圧縮して書き込むzswap,32/64ビットARMサポートの拡張など,実験的な要素も多く含んだ機能強化が実施されている。

Linux 3.11がリリースされれば,当然,ユーザ/開発者の関心は次のLinux 3.12へと移っていく。Linus Torvaldsはいつも,正式リリースと同時に次のバージョンのマージウィンドウを開き,1週間後には次のrc1が公開されるのが通常の流れだ。ところが今回は様子が違う。Linux 3.11が正式リリースされてから10日以上経ってもLinux 3.12-rc1が出る気配がないのだ。いったい何が起こったのだろうか。

9月10日,Linus自身がその理由を開発者メーリングリスト(lkml.org)で明らかにした。どうやらLinusのメイン作業マシンのディスク(おそらくIntel製のSSD)が昇天したようである。

RIP - dead harddisk..

この間にもLinusの元にはプルリクエストが山のように届いていたらしいが,当然ながら対応している余裕はなく,現在に至っているようである。

Linusはカーネル3.11のコードネームを「Linux for Workgroups」と名づけていた。その理由は20年前の同じ時期にMicrosoftが「Windows for Workgroups 3.11」をリリースしたことにちなんでいる。バージョン番号に同じ"3.11"という数字を含むことから軽い気持ちで付けたようだが,幸運なことにLinux 3.11はWindows for Workgroupsのように失敗することはなかった。

その代わりに? 縁起の悪さを3.12の開発スタートに持ち込んでしまったらしい。ふてくされたわけではないだろうが,Linusは3.12のコードネームを「Suicidal Squirrel(自殺リス)⁠に変更している。

Bye, bye, WfW flag

「自殺リス」で検索すると,結果にルーマニアのアニメ「Suicidal Squirrel」が表示される。にこやかに拳銃を頭に突きつけて何度も自殺するリス。Linusがこのアニメになぞらえてネーミングしたのかはわからないが,願わくばできるだけ早く,この惨事(?)からにこやかに立ち直ってほしいものである。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

  • 2013年9月14日 Linusのメインマシンのディスクがダウン,Linux 3.12のコードネームは"自殺リス"に

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入