Linux Daily Topics

2014年2月5日 Linux 3.14-rc1登場,コードネームは“円周率”…なワケない!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは2月2日(現地時間)⁠次のLinuxカーネルの最初のリリース候補版であるLinux 3.14-rc1を公開した。先日の本コラムでもお伝えしたように,Linux 3.14はBtrfsのパフォーマンス改善やNOUVEAUによる新CPUサポート,Generic CPUブースト,電源管理のアップデートなど数多くの機能強化や改善が予定されており,rc1が公開される前から高い注目を集めているバージョンでもある。

Linux 3.14-rc1 is out -Linus Torvalds

機能の拡充に加え,一部で期待されたのは"バージョン番号にちなんだコードネーム"が付けられるのではないか,というもの。3.14と聞けば誰もが思い出すのは円周率を表す数字で,Linusのもとには「Linux 3.14のコードネームを"Pi"にして」というリクエストがいくつも届いたようだ。

だがLinusは「ナンセンス。カーネル開発となんの関係もない。だいたい,うぬぼれ屋のギークなら円周率なんて20ケタくらい簡単に言えるでしょ。3.14が本当に円周率を表しているわけじゃないんだから」といつもの調子でばっさり。円周率に絡めたファイル名を付けても反映されることはないと釘をさしている。なお,LinusはPiの代わりに"Shuffling Zombie Juror"をLinux 3.14のコードネームにしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入