Linux Daily Topics

2014年4月7日 Raspberry Piの牙城を崩せるか? ─Intel製オープンソースハードウェアの「勝算」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

発売以来,子供たちから電子工作好きのギークまで世界中で大人気のシングルボードPC「Raspberry Pi」⁠このARM搭載の小さな基板は,あらためてLinuxというOSの汎用性の高さを証明した。

大成功した製品のあとには必ずそれを追う対抗馬が現れる。ライバルになれるかどうかはかなり微妙なところだが,現在,"ラズパイチャレンジャー"として名乗りを挙げているのがIntelだ。同社はMinnowBoardというオープンソースプロジェクトを立ち上げ,ハードウェアの仕様を公開した「MinnowBoard」⁠MinnowBoard MAX」という2つのシングルボードPCをCircuitocoなどのパートナー企業より提供している。MinnowBoardには1GHzのAtom E640が,MinnowBoard MAXにはSoCファミリ/64ビットのAtom E38xxシリーズがそれぞれ搭載されている。稼働OSは,MinnowBoardがAngstrom Linux,MinnowBoard MAXがAndroid 4.4もしくはDebian Linuxとなっている。

minnowboard.orgのサイトにあるMinnowBoard MAXプロトタイプの写真。最終的にはCPUにヒートシンクが乗るとのこと。

minnowboard.orgのサイトにあるMinnowBoard MAXプロトタイプの写真。最終的にはCPUにヒートシンクが乗るとのこと。

IntelはオープンハードウェアとしてMinnowBoardの仕様を公開しているが,先日,1枚あたりの価格を199ドルから99ドルに大幅に値下げした。周知の通り,スマホやタブレットなどのモバイルハードウェア市場においてはIntelはARMのはるか後塵を拝しており,ここ数年,活路を見いだせないでいる。そのIntelがモバイルでの逆転を狙うのが組込み市場で,MinnowBoardも組込みソフトウェア開発者をターゲットにした仕様であることが伺える。ハードウェアのオープン化でもってラズパイの牙城を崩し,ARM独占の市場に一矢報いたいところなのだろう。

ちなみにMinnowBoardの"minnow"とは北米大陸に棲息する淡水魚の一種だが,スラング的には「しょーもない人,箸にも棒にもかからない人,これといって特徴のない人」という意味もある。後者のほうにならないことを祈りたいが,Intelはビジネス的に見込みの薄いオープンソースプロジェクト(モバイルOSのMeeGoや,自前のHadoopディストリビューションなど)はわりと簡単に捨てる傾向にあるので,失敗してもそれほど大きなキズにはならないかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入