Linux Daily Topics

2015年2月18日 Linusお悩み中!? 次のカーネルナンバーは3.20か4.0か ─Google+で意見募集

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2月8日(米国時間)Linux 3.19をリリースしたのち,次のカーネルであるLinux 3.20のマージウィンドウをオープンしたLinus Torvalds。リリース当時は3.20のままでいくと思われたが,実はこの新カーネルを「Linux 3.20」にするか「Linux 4.0」にするかでずいぶん悩んでいるようだ。

Linusは2月13日付で自身のGoogle+に投稿し,2.6.39当時のことを考えれば,3.20に関してはそろそろ同じ問題が切迫している時期だと言えるだろう」とコメント。フォロワーに対し「みんながどう考えているかを知りたい。ビッグナンバーはセクシーだから3.20のままでいいと思うのか,それとも4.0にリセットしてスモールな数字にすべきか」と提示し,Google+の投票機能を使って意見を呼びかけている

画像

2月18日(日本時間)時点で投票の状況をチェックしてみたところ,2万7,285票中45%が「ビッグバージョン(3.20)⁠支持,55%が「バージョン4.0」を支持しており,かなり拮抗した数字となっている。次期カーネルでは,先日お伝えしたライブパッチ機能のサポートやKVMの大幅な改善,I/O仮想化フレームワーク「VirtIO 1.0」の実装などが期待されている。大型バージョンアップにふさわしいカーネルナンバー,果たしてどちらになるのだろうか。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入