Linux Daily Topics

2015年2月26日 3.19の次は4.0に! Linus,「Linux 4.0-rc1」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先日の本コラムでLinus Torvaldsが次のLinuxカーネルのバージョニングを悩んでいるというニュースをお伝えしたが,どうやら悩む時間は終わったようだ。2月22日(米国時間)⁠Linusは次のカーネルのリリース候補版として「Linux 4.0-rc1」を公開した。つまりLinux 3.19の次はLinux 4.0が登場することになる。

LKML: Linus Torvalds: Linux 4.0-rc1 out..

メーリングリストに投稿されたLinusのコメントによれば,⁠どうやらみんな4.0のほうが好きみたいだね。3.20のほうがいいというユーザも,4.0になることに大きな反対はしていない」という結論に落ち着いたようだ。

4.0のようなメジャーバージョンアップを意識させるようなナンバリングは,⁠大幅な機能変更や旧バージョンとの互換性がなくなることをイメージしてしまうのでは」という意見もあったが,Linusは「⁠Linuxのカーネル開発においては)そういうリリースは永遠にやらない。4.0になるからといって,いままでと開発のやり方は何も変わらない。単に数字をすっきりさせただけ」と明言している。

なお,Linux 4.0ではライブパッチ機能の実装が期待されているが,Linusは「それもニュースだけど,僕にとっては仮想マシンのクリーンアップ機能やページテーブルのハンドリングにおけるNUMAとPROTNONEの統合のほうが興味がある」ともコメントしている。Linusが好むと好まざるとにかかわらず,結局のところLinux 4.0は注目されるバージョンになることは間違いない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入