Linux Daily Topics

2015年4月7日 Debian 8が間もなくリリース,どう出る "Devuan"?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2年ぶりとなるDebianの新バージョン"Jessie"こと「Debian GNU/Linux 8」は4月25日に正式リリースが予定されている。現在,開発チームはその日に向けて最終段階の調整に入っており,バグフィクスに余念がない状態といえる。

Jessie Release Date: 2015-04-25

DebianのバージョンアップはUbuntuなどDebianをペアレントとする多くのディストリビューションに影響を与えることになるが,そんな中でLinux界隈の一部ではDebianからフォークしたその名もDevuanのリリースに注目が集まっている。

Devuan(Dev-Oneと発音する)は,Jessieからはデフォルトの起動システムにsystemdを採用するとしたDebianの決定に反対したメンバーがDebianからフォークし,新たに立ち上げたプロジェクトだ。⁠systemdの依存性の強さはディストリビューションとしての自由度を損ねる」としてDebian本体と決別,最初の安定版のリリースを目指して開発が行われている。

現在,開発コード"Ceres"の下で最初のバージョンを開発中とのこと。Ceresというコードネームは太陽系の準惑星セレスにちなんで付けられており,Debianのマイナー版という意味を込めて,今後も太陽系の小惑星/準惑星をコードネームに冠していくという。また,起動システムだけでなくデスクトップ環境もDebianとは異なる選択をしているようで,デフォルトのデスクトップとしてXfceを選択している。

Jessieのリリース後に少しずつ姿を見せるであろうDevuanだが,どうにもWebサイトが見にくい。起動システムにもデスクトップ環境にも主張があるのはよいが,まずは読みやすいサイトにしてくれないと,せっかくの主張も伝わらないと思うのだが。

Devuan GNU/Linuxのサイト(devuan.org)

Devuan GNU/Linuxのサイト(devuan.org)

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入