Linux Daily Topics

2015年9月1日 暗号化機能を強化! Linux 4.2がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

8月30日(米国時間)⁠Linus Torvaldsはlkml.orgにおいてLinux 4.2の正式リリースを発表した。8月に米国で行われたLinuxConなどの影響で,当初の予定より1週間ずれた,8本のRC版を経たリリースとなったが,Linusは「リリースが1週間遅れたことが原因となる何のトラブルも起こっていない」と順調な開発であったことを強調している。

LKML: Linux 4.2 is out

Linux 4.2のおもな変更点は以下のとおり。

  • X86アセンブリコードのC言語への書き換え
  • ARM Juno r1ボード(64ビット)のサポート
  • F2FSファイルシステムにおけるファイル暗号化
  • SSDへのアクセス高速化を実現するNCQ(Native Command Queing)/TRIMの向上
  • よりセキュアに乱数を生成する非決定性乱数生成器「Jitter RNG」の実装
  • AMD GPUドライバの追加
  • デフォルトの暗号化API RNGをKRNGからDRBGにリプレース
  • ネットワーク仮想化ドライバGENEVE(Generic Network Virtualization Encapsulation)
  • パフォーマンスを向上させるキュースピンロックのサポート

全体的に暗号化機能が強化されており,セキュリティのエンハンスにポイントが置かれたリリースとなっている。

Linusはすでに次のカーネルバージョンであるLinux 4.3のマージウィンドウもオープンしており,プルリクエストの受付も開始している。Linux 4.3ではIntelのグラフィックボードのサポート強化やNouveauの改善などが実施される予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入