Linux Daily Topics

2016年11月3日 Debian 9 'Stretch'でPowerPCアーキテクチャのサポートを中止へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debian開発者のJonathan Wiltshireは10月31日(米国時間),Debian開発者メーリングリストにおいてDebian 9 'Stretch'でサポートするアーキテクチャを発表,PowerPCのサポートを外したことを明らかにした。

Release Architectures for Debian 9 'Stretch'

Stretchでサポートされるアーキテクチャは以下の通り。

  • AMD64(amd64)
  • AArch64(arm64)
  • Armel(armel)
  • ARMhf(armhf)
  • i386
  • MIPS(mips)
  • MIPS 64-bit Little Endian(mips64el)
  • MPS Little Endian(mipsel)
  • PowePC 64-bit Little Endian(ppc64el)
  • IBM System z(s390x)

現バージョンのDebian 8 'Jessie'でサポートしているアーキテクチャのうち,Stretchで外されるものはPPCのみ。Wiltshireは「我々はこの問題について時間をかけてディスカッションしてきた。最終的には(PPCアーキテクチャのサポート中止について)ユーザからの理解を得られている。どんなポート(アーキテクチャ)であれ,それを中止するという決定が混乱を招くことは避けられない。我々はそのことを再認識している」とコメントしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入