Linux Daily Topics

2017年4月19日 Ubuntu GNOMEはディスコンへ ―デスクトップの独自開発からフェードアウトするUbuntu

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

4月5日にアナウンスされたUnity 8の開発中止は,Ubuntuのデスクトップ周りだけではなくUbuntuエコシステム全体にじわじわと影響を与えつつある。Ubuntu GNOMEチームの開発者であるJeremy Bichaは4月13日,⁠Ubuntu GNOME 17.04のリリースとその次に起こること(Ubuntu GNOME 17.04 Released and What's Next)⁠と題したエントリを投稿し,Ubuntu GNOMEチームがUbuntu Desktopチームと統合される予定であることを明らかにした。10月リリース予定のUbuntu 17.10以降,Ubuntu GNOMEの開発は終息へと向かうことになる。

Ubuntu GNOME 17.04 Released and What's Next

デスクトップ環境にGNOME Shellを提供するUbuntu GNOMEは2013年からUbuntuのオフィシャルな派生ディストリビューションとしてリリースを続けてきた。Ubuntu 17.04と同日に公開されたUbuntu GNOME 17.04には最新の安定版であるGNOME 3.24が搭載されており,⁠プロジェクト史上,はじめて最新の安定版のGNOMEを含めることができたリリース」⁠Bicha)となった。

しかし同時に,Ubuntu GNOMEの開発は17.04のリリースをもってほぼ終了となってしまった。Ubuntuは今後,UnityからGNOMEへとデスクトップ環境を変更し,2018年4月にリリース予定のUbuntu 18.04 LTSではGNOMEを実装したUbuntuが登場する見込みだ。つまり本家と別にGNOME Shellを搭載したプロジェクトであるUbuntu GNOMEを続ける理由がなくなったことになる。Bischaのエントリによれば,すでにUbuntu DesktopとUbuntu GNOMEは連携モードに入っており,ひとつのチームとして徐々に統合を図っているフェーズだという。

Ubuntuファウンダーのマーク・シャトルワースはUnityからGNOMEへの変更に際し,GNOMEの)カスタマイズは最小限にとどめる」ことを公言しており,デスクトップ開発に割り振るリソースを抑える方針を明らかにしている。Ubuntuが発揮すべき独自性はデスクトップではない - Ubuntu 17.04という新バージョンをリリースしたばかりのUbuntuだが,プロジェクトすでに1年後に向かって動き始めている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入