Linux Daily Topics

2017年5月1日 Linux 4.11が正式リリース,プラガブルI/Oスケジューラ,Gemini Lakeのサポートなど

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは4月30日(米国時間)⁠Linuxカーネルの最新版となる「Linux 4.11」を正式公開した。当初の予定より1週間遅れ,8本のリリース候補(rc)版を経ての公開となったが,いくつかの小さなバグのほかには大きな問題もなく,ほぼ通常のリリースサイクルにのっとったアップデートといえる。

Linux 4.11 - Linus Torvalds

Linux 4.11の主な機能強化は以下の通り。

  • Linux 3.13でブロックレイヤに実装されたマルチキューアーキテクチャにプラガブルなI/Oスケジューリング機能を追加
  • クラウドなどのスケールアウトに柔軟に対応するために,スワッピングの実装をSSDなどモダンなストレージデバイス向けに改良
  • MD RAID5でのジャーナリングにおける書き込みホール(write hole)問題の解消
  • stat()に代わる新システムコール「statx()」
  • 新しいperfツールキット「perf ftrace」⁠今回サポートするトレーサはfunction_graphまたはfunctionのみ)
  • ストレージの暗号化向けに策定された規格「Opal」に準拠したドライブのサポート
  • CPUの省電力を実現する「SMC-R(Shared Memory Communications-RDMA)⁠プロトコルのサポート
  • VGAコンソール間でのスクロールバックが都度バッファに書き込まなくても可能に(デフォルトでは無効)

また,Linux 4.11では新たに多くのハードウェアサポートが追加されているが,注目されるアップデートとしては,Intelの14nmテクノロジ「Intel Gemini Lake」のSoCサポート,オープンソースのAMDGPUドライバ使用時におけるAMD Radeon GPUの電力管理の改善などが挙げられる。

Linusはすでに次のリリースである「Linux 4.12」のマージウィンドウをオープンしており,プルリクエストの受付を開始している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入