Linux Daily Topics

2017年8月10日 見えてきたJava 9 ―JDK 9の最初のリリース候補版が公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Oracleは8月9日(米国時間)⁠Java JDK 9の最初のリリース候補(RC1)版となる「JDK 9 Early-Access Builds」を公開した。対応アーキテクチャはWindows(32ビット/64ビット)⁠macOS(64ビット)⁠Linux(32ビット/64ビット)⁠Linux ARM(32ビット/64ビット)⁠Solaris SPARC(64ビット)⁠Solaris x86(64ビット)⁠Alpine Linux(64ビット)⁠いずれも実行環境のJREと開発環境のJDKが含まれている。

JDK 9 Early-Access Builds

もともとのスケジュールでは,9月21日に予定されていた一般提供(GA)開始を見込んで,6月22日にRC1が公開される予定だったが,新機能のモジュールシステムである「Project Jigsaw」の導入をめぐってコミュニティが紛糾したことが原因で,約1ヵ月半遅れのリリースとなった。

JDK 9およびJava 9ではJigsawのほか,新API/ツールの追加や標準化(バージョン形式やロケールなど)において数多くのアップデートが予定されている。

What's New for Core Libraries in JDK 9 | Java Platform, Standard Edition

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入