Linux Daily Topics

2017年8月16日 GNOME,ハタチになる ―8月15日はGNOME記念日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

GNOMEプロジェクトは8月15日(米国時間)⁠GNOMEが誕生してから20周年を迎えたことをアナウンスした。

Happy 20th Birthday, GNOME!

現在はMicrosoftでXamarin開発を担当するMiguel de Icazaと,SUSEに所属しながら現在もGNOMEプロジェクトに関わるFederico Mena Quiteroが1997年8月15日に最初のGNOMEを世に送り出してから20年,最初の安定版となる「GNOME 1.0」はその2年後の1999年にリリースされ,以後,33回にわたって安定版が提供されてきた。現時点での最新バージョンは「GNOME 3.24(開発コード"Portland")⁠だが,既報の通り順調に開発が進めば9月には「GNOME 3.26(開発コード"Manchester")⁠がリリースされる予定だ。

数多くのLinuxディストリビューションのデフォルトデスクトップ環境として使われているGNOME,20年の間にコードは800万行に,コントリビュータの数は6000人になり,ソフトウェアとしてもプロジェクトとしても大きく成長した。Miguelはもうプロジェクトから離れて久しいが,Federicoはまだ活躍中だ。20周年を祝ってGNOME 3.24の開発コードの由来となった米ポートランドをはじめ,世界各地でセレブレーションパーティが開催されるが,先に挙げたGNOMEのサイトにはパーティを楽しむFedericoの写真も掲載されている。なお,残念ながら日本でパーティが開催される予定はない。

Welcome to GNOME's 20th Birthday Parties!

何はともあれ,Happy Birthday GNOME! 21年めもますますの発展があらんことを願う。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入