Linux Daily Topics

2017年10月4日 Fedora 27 Betaが登場,正式リリースは11月上旬か

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは10月3日(米国時間)⁠次期バージョンとなる「Fedora 27」のベータ版を公開した。当初の予定より2週間ほど遅れたベータ版登場となったが,今回からアルファ版を提供せずに一度のベータ版公開の後にGA(一般提供)開始という体制に変更したこともあり,比較的スムースにリリースまでのプロセスが進んでいるようだ。

Fedora 27 Beta Release Announcement -Fedora Mailing-Lists

今回提供されたベータ版はデスクトップ版の「Fedora 27 Beta Workstation」とクラウドイメージの「Fedora 27 Beta Atomic Host」の2つ。サーバ版の「Fedora 27 Server」に関してはBoltronというFedoraプロジェクト内のワーキンググループに開発が移っており,ベータ版および正式版ともに数週間から1ヵ月遅れの登場となる見込みだ。

デスクトップ版の目立ったアップデートとしては,デフォルトのデスクトップ環境に「GNOME 3.26」が実装されていることが挙げられる。また,オフィススイートには大幅な機能強化が行われた「LibreOffice 5.4」が搭載されている。USBメモリなどのフラッシュデバイスからの起動を可能にする「Fedora Media Writer」も最新バージョンが搭載されており,Raspberry PiなどARMデバイスに対応した起動イメージをSDカードに書き込めるようになっている。

なおFedora 27のLinuxカーネルには現在開発中のLinux 4.14になる予定だ。また,9月に登場したばかりのJava 9もテックプレビューとしての利用が可能になる。

Fedora 27の正式リリースは,当初予定されていた10月31日から1週間ほど遅れた11月7日が見込まれている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入