Linux Daily Topics

2017年11月1日 OpenSolarisフォークの「OpenIndiana Hipster 2017.10」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

OpenIndianaプロジェクトは10月31日,⁠OpenIndiana Hipster 2017.10」を正式公開した。デスクトップ関連で多くの変更が実施されており,主要なコンポーネント/アプリケーションのほとんどが大幅にアップデートされている。

2017.10 Release notes -OpenIndiana

OpenIndianaはOpenSolarisプロジェクトからフォークしたオープンソースで,Illumosカーネルをベースに構成されているオペレーティングシステム。Deibanファウンダーだった故Ian MurdockがSun Microsystems在籍時代にリードしていたIndianaプロジェクトに由来しており,ZFSやDTraceなどSolarisベースの強力な機能を含むため,Linux以外のオープンソースOSとして今でも根強い人気がある。

今回のバージョンでは,ディスプレイサーバがX.Org Server 1.19.5にアップデートされており,デスクトップ環境に最新のMATE 1.18がデフォルトで採用されている(Enlightnement 0.21.8に変更可)⁠またGNOME 2系のアプリケーションやライブラリはすべて削除されているので,MATEにスイッチしていない場合は注意が必要となる(MATEへの移行推奨)⁠

OpenIndianaには「テキスト」⁠GUI」⁠ミニマル(最小構成)⁠の3つのタイプのスナップショットが用意されており,それぞれISOおよびUSBのいずれがを選択できる。今回のバージョンアップにより,テキストベースのインストーラから既存のZFSプールにインストールすることが可能になった。

また64ビットのみの提供となるが,Cluster suiteもアップデートされている(corosync 2.4.2/resource-agents 4.0.1/pacemaker 1.1.17/pcs 0.9.159/cmrsh 3.0.1)⁠

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入