Linux Daily Topics

2018年2月1日 LibreOffice 6.0が正式リリース,Microsoft Officeとの互換性強化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Document Foundaitonは1月31日(ドイツ時間)⁠オープンソースのOfficeスイート「LibreOffice 6.0」の正式リリースを発表した。対応プラットフォームはWindows,macOS,Linuxのほか,クラウド版も用意されている。ただしWindows XPおよびVistaはサポート対象外,macOSの場合はmacOS 10.9以上が必要となる。

The Document Foundation announces LibreOffice 6.0: power, simplicity, security and interoperability from desktop to cloud

最初の5.xから2年半ぶりのメジャーアップデートとなったLibreOffice 6.0では,ノートブックバーやメニューアイコンの改善など機能面およびインタフェース面で多くの変更が実施されている。たとえばCalcではODF 1.2互換機能となるSEARCHB,FINDB,REPLACEBなどが追加され,ISO標準フォーマットのサポートが改善,Impressではモダンスクリーンに対応するためデフォルトサイズが16:9に変更されたほか,10の新しいテンプレートが追加されている(古いテンプレートはアップデート)⁠

またMicrosoft Officeドキュメント(OOXML)との互換性が大幅に強化されており,SmartArtのインポート,ActiveXコントロールのインポート/エクスポート,エンベデッドテキスト/スプレッドシートのサポート,エンベデッドビデオのPPTXへのエクスポート,クロスリファレンスのDOCXへのエクスポート,MailMergeフィールドのDOCXへのエクスポートなどが新たにサポートされている。またファイルの破損を防ぐためにPPTXフィルタの改善も行われている。

セキュリティ面では,ODFドキュメントに署名する際,すべてのデスクトップOS上においてあOpenPGPキーが利用可能となっている(事前に特定のGPGソフトウェアのインストールが必要)⁠

またヘルプシステム(LibreOffice Help)も大きく変更となり,以前のWikiHelpは廃止され,Webベースでモバイル対応の新しいヘルプオンラインシステムにリプレースされている。

なお,今回の6.0では間に合わなかったが,2018年第1四半期中にはAndroid用のビューア(LibreOffice Viewer for Android)をリリースする予定だという。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入