Linux Daily Topics

2018年4月5日 モジュラー化に再挑戦した「Fedora 28」ベータ版が登場,正式リリースは5月8日予定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは4月3日(米国時間)⁠⁠Fedora 28 Beta」のリリースを発表した。デスクトップ環境にはGNOME 3.28を搭載,また前バージョンのFedora 27では実装できなかったサーバ版でのモジュラー化にも新たに取り組んでいる。

Announcing the release of Fedora 28 Beta - Fedora Magazine

Fedora 28のモジュラー化については「モジュラー化したオペレーティングシステムを分離するかわりに,サーバエディションに"モジュラーリポジトリ(Modular Repository)"を別に追加」⁠Fedoraプロジェクト Eduard Lucena)することで実現したとコメントしている。ただし,現時点ではデスクトップ版(Workstaion Edition)のGNOME SoftwareおよびPlasma Discoverからダイレクトにモジュラリティを利用することはできず,デスクトップ版から利用する場合はコンテナ内部からのアクセスが推奨されている。

その他の主なアップデートは以下の通り。

  • 64ビットARMアーキテクチャ(AArch64)をサーバ版のプライマリアーキテクチャとしてサポート
  • 3月にリリースされたGNOME 3.28を搭載,追加の拡張機能としてThunderbolt 3をサポート
  • VirtualBox Guest Additions
  • Kubernetes 1.9(Atomic Host)
  • GCC 8
  • glibc2.27
  • Golang 1.10
  • Ruby 2.5
  • Linux 4.15

Fedora 28の正式リリースは現時点で5月8日が予定されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入