Linux Daily Topics

2018年11月22日 Oracle,eBPFによるDTraceエンハンスのプランを公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

OracleのLinuxエンジニアリング部門でコンサルティングエンジニアを務めるKris Van Heesは,11月13日~15日に渡ってカナダ・バンクーバーで開催された「Linux Plumbers Conference」において,eBPFフレームワークをDTraceの実行エンジンとして拡張する計画があることを明らかにした。

eBPF as execution engine for DTrace -Kris Van Hees(PDF)

Oracleは今年2月,RHELクローンのUnbreakable Enterprise KernelをベースにしたOracle Linuxに,Solaris由来の動的トレース機能であるDTraceを統合し,パフォーマンスを大幅に改善したと報告していた。今回は,さらにLinux 4.1以降のカーネルに実装されているeBPFのさまざまな機能をDTraceの実行エンジンとして活用することでトレースのコストを減らし,より高速な処理の実現を目指している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入