Linux Daily Topics

2019年1月9日 Linus,2019年の仕事始めに「Linux 5.0-rc1」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは1月6日(米国時間)⁠年末にリリースしたLinux 4.20に続くカーネルのナンバリングを「Linux 5.0」にすることを発表,同時に最初のリリース候補版となる「Linux 5.0-rc1」を公開した。

Linux 5.0-rc1 -Linus Torvalds

Linux 4.21ではなくLinux 5.0とした理由についてLinusは「特別な意味があるわけじゃない。もしどうしてもオフィシャルな理由が欲しいというなら,もう僕の手と足の指では数えられない数字になったから,とでもしておこうか。各自,好きに理由づけするといいよ」とコメントしており,カーネル自体に大きな変更が加えられるわけではない点を強調している。"キリのいいナンバリング"という変更理由はLinux 3.20からLinux 4.0へとアップデートされたときと同じものだが,2019年最初のアナウンスというタイミングを考えればリブランディング効果はより高いといえる。

Linusによれば,Linux 5.0(旧Linux 4.21)のマージウィンドウのサイズはごく平均的で,コミット数は1万1,000ほど,変更点の50%はドライバ関連で,20%はアーキテクチャのアップデート,10%がツール関連,残りの20%はドキュメントやネットワーク,ファイルシステム,ヘッダファイルの変更だという。

順調に行けば2019年2月末か3月初旬に公開されるLinux 5.0だが,⁠Ubuntu 19.04」「Fedora 30」などこの春にリリースが予定されているメジャーなディストリビューションのベースにもなりそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入