Linux Daily Topics

2019年1月29日 Oracle,Linux 5.0をサポートする「VirtualBox 6.0.4」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Oracleは1月28日(米国時間)⁠オープンソースのクロスプラットフォーム対応仮想化ソフトウェア「VirtualBox 6」の2回目のポイントリリースとなる「VirtualBox 6.0.4」を公開した。前回(6.0.2)のアップデートからわずか2週間弱での公開だが,数多くの機能が強化されている。

Oracle VM VirtualBox 6.0.4 now available! | Oracle Virtualization Blog
VirtualBox 6.0.4 (released January 28 2019) -Changelog for VirtualBox 6.0

VirualBox 6.0.4における最大の変更点として,2019年2月下旬から3月上旬にリリース予定の「Linux 5.0」をホスト/ゲストともにサポートしていることが挙げられる。また,新たなハードウェアサポートとしてShanghai Zhaoxin Semiconductor(Shanghai/Zhaoxin)のCPUを追加したほか,AC'97デバイスエミュレーションにタイムスケジューリング機能を実装し,音声と動画のより完全な同期を実現している。

VirutalBox 6.0.4では多くのバグが修正されており,たとえば6.0公開時からの修正事項として挙げられていた,ゲストからシリアルポートへの接続を開こうとする際にインタフェースがクラッシュする不具合も解決されている。

VirtualBox 6.0.4の対応プラットフォームはLinux/Windows/macOS/Solarisで,すでにバイナリ/ソースともにダウンロード可能となっている。

Download VirtualBox

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入