Linux Daily Topics

2019年3月26日 Kubernetes 1.14がリリース ―Windowsノードの本番環境サポート,永続的ローカルボリュームなど

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Kubernetesのリリースチームは3月25日(米国時間)⁠2019年最初のKubernetesアップデートとなる「Kubernetes 1.14」の一般提供開始を発表した。⁠今回のリリースのテーマは拡張性とより多くのワークロードのサポート」⁠Kubernetesリリースチーム)という謳い文句どおり,インフラとしての柔軟性にフォーカスしたアップデートとなっている。

Kubernetes 1.14: Production-level support for Windows Nodes, Kubectl Updates, Persistent Local Volumes GA
kubernetes/CHANGELOG-1.14.md -GitHub

Kubernetes 1.14では31のエンハンスメントが行われているが,その中でも重要なアップデートとして以下が紹介されている。

  • これまでベータ提供だったWindowsノードを本番環境でサポート
  • コマンドラインツール「kubectl」のアップデート … 新しいドキュメントとロゴ,YAML管理ツール「kustomize」の統合,デベロッパがオリジナルのサブコマンドをパブリッシュできるkubectlプラグインメカニズム
  • ローカルで接続されたストレージを永続的なボリュームソースとして利用可能にする機能がGAに
  • PodごとにPID(プロセスID)アイソレーションを実現する機能(PID Limiting)がベータに

とくに大きなアップデートとして注目されるのがWindowsノードの本番環境でのサポートで,ワーカーノードとしてWindowsノードが追加されると同時に,Windowsコンテナのスケジューリングもサポートされるため,より多くのWindowsアプリケーションがKubernetes上で稼働できるようになる。リリースによれば,Podやワークロードコントローラ,サービスタイプといった部分を可能な限りLinuxコンテナと同じレベルの機能に近づけているという。なお,Windows Server 2019のサポートも含まれている。

また,⁠Additional Notable Feature Updates」としてPodのスケジューリングや優先度を管理するアップデートが追加されており,今後のリリースでさらにPodにフォーカスしたエンハンスメントが行われるとみられる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。