Linux Daily Topics

2019年4月3日 Fedora 30がベータサイクルに,正式リリースは5月7日予定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedora Projectは4月2日(米国時間)⁠⁠Fedora 30 Beta」を公開したことを発表した。用意されているエディションはデスクトップ版の「Workstation」⁠サーバ版の「Server」⁠そしてコンテナベースの「Silverblue」の3つで,そのほかにGNOME以外のデスクトップ環境を実装した「Spins」⁠サイエンスやエンタメなど特定のコンテンツにフォーカスした「Labs」⁠Raspberry Pi 2/3などのARMデバイスに特化した「ARM」が派生版として提供されている。

Announcing the release of Fedora 30 Beta -Fedora Magazine

Fedora 30 BetaではカーネルにLinux 5.0,デフォルトのデスクトップ環境にGNOME 3.32を採用,それぞれ現時点での最新バージョンを実装している。また,オプションのデスクトップ環境として新たに「DeepinDE」「Pantheon Desktop」が追加された。

Fedora 30 Betaにおけるもうひとつの大きな特徴は,Fedoraが開発した新たな圧縮フォーマット「zchunk」が実装されたことで,パッケージのメタデータはすべてzchunkによって圧縮されている。これによりパッケージのアップデートは差分メタデータのダウンロードだけで完了するため,DNFのパフォーマンスが大幅に向上するとされている。

Fedora 30はこれから1ヵ月ほどのテスト期間に入り,順調に行けば5月7日に正式リリースとして公開される予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。