Linux Daily Topics

2019年4月26日 関数トレースをグラフィカルに実行する「KernelShark」,正式リリースに向けロゴ募集中

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linuxカーネル内部で実行された処理の流れを知るFtrace機能を便利に使っているユーザは多い。そしてトレース機能を実行するコマンドツールとして「trace-cmd」を使っているユーザも多いだろう。このtrace-cmdのGUIフロントエンドツール「KernelShark」の開発者であるSteven Rostedtが4月24日,カーネル開発者向けメーリングリスト「LKML」「[ANNOUNCE] Call for KernelShark logos!」と題した投稿をポスト,KernelSharkの正式リリースが近くなったことから,オフィシャルロゴ決定への協力を呼びかけている。

[ANNOUNCE] Call for KernelShark logos! -Steven Rostedt
KernelShark
KernelShark proposed Logos

サイトに上がっている候補のほかにも新たなロゴ候補を5月22日まで受け付けており,6月7日にはオフィシャルロゴとして公開するという。⁠おそらくは)サメをモチーフにしたオフィシャルロゴとともに,バージョン1.0がリリースされる日も近そうだ。

「proposed Logos」にアップされているロゴ候補(4/25時点)

「proposed Logos」にアップされているロゴ候補(4/25時点)

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。