Linux Daily Topics

2019年9月6日 Purism,PureOS搭載スマートフォンLibrem 5の出荷を9/24からローリングリリース方式で開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Purismのファウンダー兼CEOを務めるTodd Weaverは9月5日(米国時間⁠⁠,PureOSベースのセキュリティおよびプライバシーにフォーカスしたスマートフォン「Librem 5」の出荷を9月24日からローリングリリース方式(イテレーションスケジュール)で開始することを発表した。最初のリリースとなる「Batch Aspen」を皮切りに,約1ヵ月ごとにアップデートされたハードウェアとソフトウェアの組み合わせで6回,リリースされる予定だ。

Librem 5 Shipping Announcement -Purism
Librem 5 -Purism

Librem 5(Purismのサイトより)

Librem 5

PurismはSPC(Social Purpose Corporation)という法人格のもとで「Librem」ブランドのPCやデバイスを提供しており,いずれにもDebianをベースにしたPureOSが搭載されている8/5 の記事参照⁠。初のスマートフォンラインナップとなるLibrem 5の提供については,以前から2019年第3四半期というアナウンスがあったが,今回の発表はその具体的なスケジュールが確定したかたちだ。

Librem 5は全部で6回に渡り「Batch(バッチ⁠⁠」というユニット(ハードウェア,ソフトウェア,メカニカルデザイン,サーティフィケーション含む)でリリースされる予定で,1~3ヵ月のサイクルで次のバッチにリプレースしていくイテレーティブな方式で提供される。各バッチのリリース予定は以下の通り。

  • Batch Aspen … 9/24~10/22
  • Batch Birch … 10/29~11/26
  • Batch Chestnut … 12/8~12/31
  • Batch Dogwood … 1/7~3/31
  • Batch Evergreen … 2020年第2四半期
  • Batch Fir … 2020年第4四半期

スマートフォンベンダが直近のリリースのみならず,半年以上先のリリースプランを公開するケースはあまり多くないが,Weaverは「コミュニティや顧客にLibrem 5ジャーニーの詳細を明らかにし,進化の最初からその過程を透明にしていく」と明言しており,2020年以降のリリースについても,確定しだい詳細を公開していくという。iOSでもAndroidでもないスマートフォンが,どういったユーザ層に受け入れられるのかという点でも注目されそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。