Linux Daily Topics

2019年11月28日 systemdフリーのDebianフォークOS「Devuan ASCII 2.1」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Devuanコミュニティを運営するDyne.orgは11月25日,⁠Devuan ASCII 2.0」の最初のポイントリリースとなる「Devuan ASCII 2.1」のリリースを発表した。Devuan 2.0のリリースは2018年6月なので,約1年半をかけたアップデートとなる。

Devuan ASCII 2.1 point release

Devuan 2.1はDevuan 2.0と同様に「Debian 9.0 "Stretch"」をベースにしており,カーネルにはLinux 4.9をフィックスしたイメージを採用している。Debian 10 "Buster"への移行は実現しなかったが,インストーラでOpenRC initを選択できるようになり,インストールが簡素化されている。ただしフリーではないファームウェアやLILOなど別のブートローダを使いたい場合は,従来どおりExpertインストールを選択する必要がある。なお,Devuan 2.1にはARMおよびバーチャルイメージは含まれていない。

「Dear Init Freedom Lovers」というリリースの書き出しからわかるように,Devuanはsystemdフリーな起動システムにこだわったプロジェクト。Debianのデフォルト起動システムが,Debian 8.0 "Jessie"よりinitからsystemdへと変更されたことをきっかけにDebianからフォークし,2017年5月に最初の正式版となるDevuan "Jessie" 1.0.0を公開している。今後はBusterベースへの移行がいつになるかに注目が集まりそうだ。

なお,Debianプロジェクト本体でも「ソフトウェアの多様性を保証する」活動の一環として,systemdとは別にふたたびinitをサポートすべきかについての議論が進行中であり,いくつかの提案が行われている。こちらも今後の展開が注目されるところだ。

General Resolution: Init systems and systemd

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。