Ubuntu Weekly Topics

2008年3月7日号 Full Circle Magazine 第10号,Brainstormの運用開始,Kubuntu-KDE4,User Interface Freeze

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Full Circle Magazineの第10号が発行されました

Ubuntuの月刊誌であるFull Circle Magazineの第10号が発行されました。

  • Ubuntuの派生ディストリビューションであり,洗練されたデザインを備えているLinux Mintのインストールと紹介記事
  • ソースからコンパイルする一般的な方法
  • 子供向けお絵描きソフトウェアであるTux Paintの使い方
  • AcidRipを使ったDVDのリッピング方法
  • サーバインストール記事の第2弾,今回はXubuntuとWebminをインストールします
  • ASUS EeePCとXubuntuのレビュー記事
  • 今月のTOP 5はチェスゲームの紹介です
  • 読者投稿コーナーやQ&A,その他の連載記事

などが掲載されています。

Ubuntu Brainstormが始動しました

Ubuntuにおけるアイデア提案サイトBrainstorm運用が開始されました。これは,昨年開始されUbuntuプレインストールパソコンの販売にもつながったDellのIdeaStormに触発され,Ubuntu QAチームが開発したものです。アカウントを作成すれば誰でも,新規アイデアの登録・既存のアイデアへのコメント・フォーラムやLaunchpadへのリンク作成・アイデアに対する投票などが行えます。Ubuntu開発者はこのサイトの情報などを元に,5月に開催されるUbuntu Developer Summitでの議題を作成し,次期Ubuntuで搭載すべき機能かどうかを議論します。

開始一週間で10000を越えるアカウントと3000以上のアイデアが作成されました。ただし,重複したアイデアや広告の投稿も多く,それらを防ぐためにさっそく3月3日にアップデートが行われています。モデレータ制度の採用やUbuntu開発者専用の投稿フォームの作成,投票数によるソート,多重投稿の制限などが行われています。

Kubuntu-KDE4 Hardy Alpha

2月27日にKDE4に対応したKubuntu Hardy HelonのAlpha版CDがリリースされました先日もお伝えした通りKubuntu 8.04では商用サポートが行われるKDE 3版とコミュニティサポートが行われるKDE 4版の2種類のCDがリリースされます。KDE 3版はすでにUbuntuのHardy Heronと同様にAlpha 5までリリースされていますが,KDE 4版は今回が初めてのAlpha版リリースとなります。現時点での品質は他のAlphaと比べてもまだまだ低いので,積極的なテストが求められています。

User Interface Freeze

2月28日にUserInterfaceFreeze(UIF)が行われました。今後標準でインストールされるアプリケーションのユーザインターフェースに関わるアートワークや文字列,デザインなどを変更する場合は,リリースチーム(ubuntu-release)による承認が必要になります。承認された場合,ドキュメンテーションチームに通知が行われます。これにより,ヘルプ文書などの内容が常に実際のインターフェースに従うようになります。また,これ以降,各種インターフェースの翻訳元になる文字列も固定されるため,インタフェースの変更により翻訳が無駄になる可能性も軽減されます(ヘルプ文書などのドキュメントの文字列はベータ版リリースと同時に固定されます)。

さらに3月4日のsoft freezeを経て3月6日には最後のAlpha版であるAlpha 6がリリースされます。今後の予定は今月20日にベータ版が,来月17日にリリース候補版が,来月24日に最終版がリリースされることになっています。

Ubuntu Weekly Newsletter #80が発行されました

3月2日に,Ubuntu Weekly Newsletter #80が発行されました。

コミュニティニュース

Alpha 6がリリースされることの告知や,前述のKubuntu-KDE4,Full Circle Magazine 第10号,Brainstormの話に加えてUbuntu Mobileが紹介されています

Ubuntu MobileはSamsung Q1U UltraのようなIntelのAtom(Silverthorne)プロセッサを搭載したMobile Internet Devices(MID)向けに設計された公式派生ディストリビューションの一つです。タッチスクリーンのサポートや指を使って操作しやすいように大きめのアイコン,4.8インチから7インチのディスプレイと800x400から1024x768の解像度向けにデザインされたインターフェース,Web 2.0/AJAXサービスを享受できるようにFlash 9やJavaをサポートしたFirefoxベースのウェブブラウザなどが搭載されています。

その他のニュース

インターネット上でUbuntuに言及する記事として,以下の記事や投稿などが紹介されています。

フォーラムニュース

今週のインタビューでは,Windows Power Userと自称しつつもUbuntuを好んで使っているFuturePilotにインタビューを行っています。また,今週のチュートリアルでは,基本的なコマンドだけを使ってシステムをバックアップし,そのデータを元に復旧する方法が紹介されています。

今週のセキュリティアップデート

2月25日から3月4日までに,下記のセキュリティアップデートが行われました。

2月29日

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入