Ubuntu Weekly Topics

2009年3月13日号 9.04のAlpha6・ext4利用時の問題・9.10の開発カレンダー・UWN#132

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

9.04のAlpha 6

Ubuntu 9.04のAlphaフェーズの最終段階であるAlpha 6へ向けて,Freezeが行われリリース作業が行われています(この記事と前後してAlpha 6も公開されているはずです)。Alpha 6の次はいよいよBetaリリースのための作業が開始されます。

直近では3月19日にBetaのためのFreezeが行われ,3月26日にはBetaが,さらに4月9日に最終Freeze,4月16日にRCと,あと一ヶ月ほどで「ほぼリリース品質」の状態に達するはずです。

(Heads Up!) ext4使用時のデータロスト@9.04

Ubuntu 9.04では,9.10でデフォルトとして採用されるext4をテスト的に利用することができます。まだ9.04すらAlphaフェーズを完了しただけの状態ですが,ext4を利用している環境において,システムクラッシュ時にファイルがゼロクリアされる可能性があることが報告されていますLP#317781)。

基本的にはシステムクラッシュが起きなければ再現せず,また,~/.kdeや~/.gnome以下など,一部の(アプリケーションが特定のファイルの開き方をしている)領域のみでゼロクリアなどが発生します。

なお,この問題から「POSIXでは定義されていない部分のファイルシステムの振る舞いはどうあるべきか?」「それはアプリケーション側で本来対処すべきではないのか?」「ext3で問題ないからといって,他のファイルシステムまで同じような挙動をしなければならないのか?」といった話まで始まり,当分の間は議論は収束しそうにありません……(問題もまだ解決していません)。

9.04をテスト利用しており,なおかつext4を利用している方は当該の報告を確認の上,適切なバックアップなどの自衛手段を取ってください。

9.10の開発スケジュール

開発が佳境になっている9.04に対して,9.10の開発カレンダー公開されました。大まかなスケジュールは次の通りです。

  • 6月18日:大まかな仕様の確定(FeatureDefinitionFreeze)
  • 6月25日:Debian sidからのImport Freeze
  • 8月27日:完全な仕様の確定
  • 9月24日:Betaリリース
  • 10月22日:RC
  • 10月29日:Ubuntu 9.10 “Karmic Koalaリリース

特に重要な仕様の決定が行われるDeveloper Summitは,今年はスペインのバルセロナで,5月25~29日にかけて行われます。

Ubuntu Weekly Notice #132

Ubuntu Weekly Notice #132がリリースされました。主な内容は次の通りです。

より詳しい情報は,原文を参照してください。

注)
パスワードやパスフレーズ(こうした「知っていること」ベースの認証をWhat you knowと呼びます)だけでなく,キートークンや特定のUSBメモリ(“What you have”)を併用することで,認証を強化する手法を「2ファクター認証」と呼びます。厳密にはWhat you knowWhat you have以外の組み合わせでも良いのですが,元記事では暗号処理したパスフレーズファイル(をUSBメモリに保存したもの)に加えて,ログインパスワードを利用する形を取っています。

その他

「うぶんちゅ!」が世界へ

瀬尾 浩史さんがWebで公開されているUbuntuマンガ 「うぶんちゅ!」Planet Ubuntu(Ubuntuメンバーのblog記事を集めて表示するサイト)に掲載されました。元となったblogの投稿はUbuntu-US-Massachusetts LoCoのdoctormoさんのpostです。

UbuntuオフラインミーティングTokyo 9.04

Ubuntu Japanese Team主催,広瀬電工株式会社様協賛で開催するオフラインイベントであるUbuntuオフラインミーティングTokyoの次回開催日が決定しました。

Ubuntuオフラインミーティング東京9.04と題して,東京秋葉原の廣瀬本社ビル5Fで4月25日に開催する予定です。直前の4月23日にUbuntu 9.04がリリースされているはずですので,9.04のリリースパーティを兼ねた形での開催となります。

概要を含め,より詳しい情報は決定次第お伝えする予定です。

カーネルバージョンの対応表

ある程度ヘビーな開発を行っている場合,UbuntuのカーネルパッケージとLinuxカーネルのMainlineリリースのバージョンの対応が気になる場合があります。

こうしたケースに向けて,UbuntuのカーネルパッケージとMainlineのマッピングリスト準備されました。この表を用いることで,カーネルパッケージのバージョンから,Mainlineのバージョンを調べることが可能です。

パッケージングのトレーニング

Ubuntuの開発者になりたい人に向けて,パッケージング作業の解説や質疑応答を定期的にIRCの#ubuntu-classroomで行おうという提案が行われています。

その他の情報

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入