Ubuntu Weekly Topics

2009年6月5日号 Computex Taipeiでのアナウンス・HPPAのEoL・9.10のMobile MID・UWN#144・Full Circle Magazine #25

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Computex Taipeiでのアナウンス

台湾の台北市で行われているCOMPUTEX TAIPEI 2009注1において,Ubuntu関連の4つの発表が行われました。特に,Netbook環境に関して重要な情報が公開されています。

(1)Moblin v2のUbuntu版がリリース予定

Moblin v2のUbuntu版,Ubuntu Moblin Remixリリースされる予定です。正確には,「MoblinのUbuntu版」ではなく,「UbuntuにMoblinアプリケーションを加えて,Moblinと同じように動作するように調整したもの」です。

9.04ベースでの作業は順調に推移しているようですので,ごく近い未来にリリースが行われると思われます。これにより,UbuntuでもMoblin v2と同じインターフェースと,Moblin v2向けにリリースされたアプリケーションの動作環境が得られるはずです。一般的な理解としては,「Moblin v2の成果物をUbuntuに取り込む作業が行われ,『MoblinのようなUbuntu』が利用できるようになる」と考えれば良いでしょう。MobileKarmicMoblin2を見ることで注2),9.10などでどのように実現されるかを確認することができます。

どのような画面になるかは,Canonical Blogのスクリーンショットを参照してください。

注1
COMPUTEX TAIPEIは,1年に一度,6月の頭に台湾で行われる展示会で,きわめて多くの(ハードウェア・ソフトウェアそれぞれの)新製品が発表される場です。今年はUbuntuに直接関係ないものも含めると,AMD Athlon II・PhenomIIシリーズの新プロセッサや各種Netbook・さらにWindows 7の発売日などもこのタイミングで行われています。
注2
これらはSpecSpecとして定義された「仕様の書き方」に従っています。読むときに注意すべきことは,「実装が始まるよりも前に,Release Noteが書かれている」ということです。たとえば,「All software created by the Moblin project is now available in Ubuntu」と書いてありますが,現時点ではこの機能はまだ使えません。「now available」なのは,「Karmicのリリース時」です。

(2) Sandisk 製SSDを採用されるNetbookが開発中

CanonicalとSandiskが協力して, Ubuntuに「Sandisk 製SSD向け」の設定が準備されます。

Sandiskは各種リムーバブルメディア(SD・CF・Memory Stickなど)でお馴染みのメーカーですが,NANDメモリを利用したSSDも開発を進めています。

SSDはHDDとは幾つかの点で特性が異なる(書き換え可能回数に上限がある・ランダムアクセス性能が高いので,デフラグが必要ない・ATAのTRIMコマンドの送出による,「もう必要ない領域」の通知等)ため,OS側で「HDDとは異なる扱い」をする必要があります。

CanonicalとSandiskが連携することにより,(少なくともSandisk製のSSDについては)適切な利用が行えるようになり,SSDの性能や寿命をより引き出せる状態になることが期待できます。これは同時に,Sandisk製品以外のSSDに対して有効なアプローチになる可能性があります。もちろん最終的にはSandisk製SSDの方が適切に処理される可能性は高いのですが(特に,ATAのTRIMコマンドは実装の有無によって扱いが変わるため,Sandisk製品以外のSSDではうまく機能しきらない可能性があります),SSDのためのチューニングはすでに仕様が書かれており,技術的な問題がなければ9.10に取り込まれる予定です。

なお,今後どうなるかは不明ですが,少なくともHPのMini1000 Netbookシリーズの8GB SSD/16GB SSDモデルなどの内蔵SSDはSandisk製でした注3)。この提携による機能強化により,Ubuntu+Sandisk SSDの採用事例は今後増えていくと思われます

注3
さらに,Mini1000シリーズには,「MIE(Mobile Internet Edition)」という,Ubuntu MobileのHP独自拡張版(“The Dennis Project”)が含まれていました。

(3)UNRなどのNetbook環境向けのReal Playerが登場

RealNetworksが,UNRなどのNetbook環境向けのReal Player,Real Player for Mobileのリリースをアナウンスしました。

これにより,UNR(Ubuntu Netbook Remix)を利用した環境でも,専用のアプリケーションによって快適に動画を視聴することができるはずです。狭い画面・Atomプロセッサのような非力なCPUでも快適に利用できるチューニングが行われていることが期待できます。

ただし,RealNetworksのニュースリリースには,CanonicalやUbuntuの名前は含まれていません(ライバルにあたるXandrosなどの名前はあります)。「実はRealPlayer for MobileがUbuntuにも対応するというだけ」という微妙な話なのか,それとも何らかの隠し球が用意されているのかは,現状では不明です。

(4)Classmate PCにUbuntuが導入

(4) Canonicalは,IntelのClassmate PCのOSとしてUNRを提供します。

Classmate PCは,「OLPC」プロジェクトの対抗としてIntelが開始した,「世界中の小学校などの教育機関で利用できる,児童が利用するのに適したPC」の名称です。

「Intelが提供するClassmate PC」は,各ベンダが実際にリリースするClassmate PCのリファレンスデザインにあたります。これをもとに各地域で展開するベンダが独自に調整し,その上で「○○のClassmate PC」といった形でリリースされます。実際にリリースされている機種は,Classmate PCのサイトで確認できます。

こうした背景から,必ずしもIntelのClassmate PCへの採用が「全てのClassmate PC」への展開を意味するわけではありません。が,リファレンスデザインのOSのひとつとして採用されることで,相応の地域で「Ubuntuが導入されたClassmate PC」が展開されることが期待されます。

(番外)多くのARMデバイスがリリース

COMPUTEX TAIPEI 2009では,ARM関連の新製品として,Qualcomm Snapdragon・NVIDIA Tegra・TI OMAP2*/3*・Freescale i.MX3*を搭載したNetbookやTabletなどがリリースされています。ARMデバイスの多くはDebianやUbuntuを動作させることが可能ですので,今のところUbuntuには直接関係ないものの,何割かはUbuntuがプリインストールされる可能性注4があります。

注4
いくつかのパッケージのソースファイルから類推(邪推?)できることはありますが,現時点では確定情報をお届けできる段階にありません。

HPPAのEOL

Ubuntuの対応アーキテクチャのひとつ,HPPA(PA-RISCをCPUとして搭載した,HP製メインフレーム・オフコン・ワークステーション向けハードウェア注5))のサポートが終了(end-of-life; EOL)しました。HPPAアーキテクチャは9.04が最後のリリースとなり,既存の6.06LTS・8.04LTS・8.10・9.04についても,ビルドはベストエフォートで行われます。これによりパッケージの提供は他のアーキテクチャよりも遅くなるはずです。

この分の作業リソースは他のアーキテクチャのサポートに利用される予定です。

注5
HPPAは,そもそもハードウェアのレベルで出荷台数の多いアーキテクチャではありません。おそらく,ごく一部の企業や好事家をのぞくと,ほぼユーザーはいなかったものと思われます。PA-RISCそのものも2005年6月のPA-8900のリリースを最後に新しいプロセッサのリリースは行われておらず,アーキテクチャ全体がメンテナンスフェーズに入っています。今後新規にユーザーが増える可能性も低いと考えられます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入