Ubuntu Weekly Topics

2009年8月14日号 9.10の新デザイン・Kubuntu Netbook Remix・NotifyOSDの更新・Server版のmotd・Official Ubuntu Server Book・UWN#154・OSC Nagoyaへの参加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

9.10関連

9.10のAlpha4のためのフリーズが行われまもなく(現地時間8月13日,日本時間8月14日注1))Alpha 4がリリースされます。

開発スケジュール上8月末(正確には8月27日)にはFeature Freeze(機能のフィックス)を迎えるため,基本的な機能のプロトタイプ実装・新デザインの投入など,大きな動きが出ています。Alpha4~5にかけて,新しいアイコンイメージやテーマファイルが導入されるため,劇的に外見が変化し,新バージョンらしくなるはずです。9.10の技術概要を見てから,興味のある機能があればテストをしてみてください。

ただし,Alhpa4~Beta直前までは激しくバグが出てくるため,アップグレードインストールができなくなったり,アプリケーションがクラッシュしたりと,迂闊に手を出すとヤケドをする時期でもあります。自信のない方は10月1日のベータあたりまで様子を見た方がいいでしょう。

逆に,人柱erと呼ばれることに生き甲斐を感じる方,新しいものが大好きで,多少の不具合はなんとかできる方,Ubuntuに貢献したい方はそろそろ試して頂いてもいいかもしれません注2)。

なお,9.10の次のAlphaリリースは9月3日のAlpha 5です。

注1
つまり今日です。
注2
ただし,常用環境にはまったく向かないので,テスト専用のマシンか,仮想マシン内で試すようにしてください(……と書いている筆者のこのマシンは9.10なのですが,これは「何とかできるから」です)。

9.10の新デザイン

9.10では様々な変更が加えられますが,今回はその中でも「デザイン面での変更」を取り上げて紹介します。これらはAlpha3~Alpha5の間におおまかに追加され,最終的な仕上げがBetaの時期(つまり10月に入ってから)確定する,といったスケジュールとなるでしょう(公約上のスケジュールはもう少し早い時期に固定されるのですが,今回もNofityOSDなどの複雑な挙動をするユーザーインターフェースが含まれているため,おそらくBetaの頃までかかるはずです)。

まず,9.10ではインストーラ(Ubiquity)がHDDへファイルをコピーしている間,スライドショーを展開する様になります。これはFedoraやRHEL,SUSEなどの他のディストリビューションではすでに実現されている機能で,インストール中の待ち時間の苦痛を多少なりとも軽減し,また,Ubuntuの機能を知ってもらうために導入されます。

開発スタート宣言でMark Shuttleworthが「Brown has served us well but the Koala is considering other options.」(茶色はこれまで良くやってくれた。しかし,Koalaでは別の選択をしようと思う)と宣言していた通り,9.10 “Karmic Koalaでは,Ubuntuのこれまでのイメージカラーである茶色ではなく,別の色がメインカラーになることが決定しています。その具体的なサンプルが公開されています。まだ細かい調整が入るので,完成形ではありませんが,銀や黒,灰色を主体にした独特の色使いとなっています。まだ実装は完了していませんが,9.10のプレビューとして確認して頂ければと思います。

UbuntuにはNetbook Remixという,ネットブック向けのリリースが存在します(旧称はUbuntu Mobile)。これは通常のUbuntuと同じように,GNOMEベースのものでした。9.10ではUbuntuベースのNetbook Remixと同様に,KubuntuベースのNetbook Remix(Kubuntu Netbook Remix; KNR?)がリリースされる予定です。すでにDaily buildではテスト可能ですので,KDEファンは試してみると良いかもしれません。ただし,Daily buildはAlphaリリース以上に不安定な可能性があり,インストールすらうまく行かない可能性もあります。インストールに失敗するような場合は,翌日まで待って次のbuildを使う等,相応の気合が必要になるでしょう。

UNRのランチャー

さらに,UNRの特徴であるランチャーも変化します。以下のサイトで公開されているように,Dell版Ubuntuに似たランチャーのデザインに変更されます。

GRUB2のタイムアウト

9.10ではGRUB1系からGRUB2系への移行が行われます。Alpha4は現行のDaily buildではすでにGRUB2が利用されるようになっていますが, GRUB2ではタイムアウト時間がゼロにセットされることになりました(つまり,タイムアウト時間を設定したい場合は自分で設定する必要があります)。これにより,現行(タイムアウト2秒)よりも起動時間が短縮され,また同時に,初心者にとって「よくわからない」表示がなくなる形となります。これによって,起動時に表示されるメッセージが9.04までとは少しだけ異なったものになる予定です。

NotifyOSD 0.9.16

これがおそらく9.10での「ユーザーインターフェース」の最大の違いです。9.04から取り込まれたNotifyOSD(画面の右上に表示される,OSDスタイルで表示される各種通知ポップアップ)更新版 0.9.16がリリースされ,9.04では一つだけしか表示されなかった通知ウインドウを,「複数並列で表示」できるようになりました。

9.04の開発初期(今年の2月)に公開されたNotification機能のモックアップと同等の挙動になりつつあります。

Serverのmotdにtips表示

Ubuntu Server環境(だけでなく,コンソールからログインするように設定されたUbuntu)では,ログイン時にmotd(Message of The Day)が表示されるようになっています。

9.10では,このmotdに操作やコマンドに関するTipsが表示されるようになる予定です。80文字x2行というごく短い量ですが,Ubuntu環境のコンソール操作に慣れていない人へのガイド,あるいは新バージョンで追加された機能の通知として非常に期待されます。

Hundread Paper cuts

9.10での更新のもう一つの調整は,これまでにも何回かお伝えしているHundread Paper cutsによるユーザーインターフェースの調整です。Hundread Paper cutsは「使いにくい部分の調整」という名目で,GUIの調整に限定されたものではありませんが,その多くはユーザーインターフェースの改善という形で利用可能になるはずです。これらの調整については次週,まとめてお伝えする予定です注3)。

注3
先週の予告と異なってしまいましたが,次週Round4~6までをまとめてお伝えする予定です。

Ubuntu Weekly Newsletter #154

Ubuntu Weekly Newsletter#154がリリースされています。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入