Ubuntu Weekly Topics

2009年9月18日号 NetWalkerの先行販売・9.10のAlpha 6・9.10の新機能(『ほぼ』確定版)その3・カウントダウンバナー・10.04のUDS・Firefoxのセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

NetWalkerの先行販売

以前にもお伝えしたシャープ製Ubuntu搭載モバイル端末NetWalkerの先行販売が開始されています。9月18日(金)より,ヨドバシカメラマルチメディアAkiba店・ヤマダ電機LABI渋谷店・ビックカメラ有楽町店でタッチアンドトライイベント・先行販売が行われます。また、全国の販売店でも、入荷次第(発売日前でも)順次販売が行われる予定です。

東京近郊にお住まいで実際に触ってみたい方は,勤務帰りや連休中に,これらの販売店に向かわれてはいかがでしょうか。

9.10のリリース関連情報

9.10のAlpha 6 Freeze

9.10のAlpha 6リリースためのフリーズが行われています。これが9.10の開発サイクル上,最後のアルファリリースです。mainコンポーネントに含まれるパッケージの依存関係や基本的なインストール機能に問題がなければ,スケジュール上は現地時間9月17日(日本時間では,ほぼ本日9月18日)にリリースされる予定です。が,今回は解決すべきバグがやや残っているため,少し遅れる(あるいはバグ込みで注意書き付きでリリースされる)ことになるかもしれません。いずれにせよAlpha・Betaは開発者・テスタ向けのリリースですので,一般的な用途に利用するのは避けた方がよいでしょう。

この後,9月24日のBetaFreezeを経て10月1日にはベータリリースが行われ,UIに関連する文字列の確定・翻訳の本格的な「追い込み」を経て,10月22日のRC,10月29日の正式リリースへと繋がります。

カウントダウンバナーの募集

9.10のリリースにおいても,リリースの約一ヶ月前から「カウントダウン」を行うバナーが準備されます。180x150サイズのデザインを公募しています。腕に自信のあるデザイナーの方は,募集要項を確認の上,チャンレジしてみてはいかがでしょうか。採用されると,Ubuntuに関連する世界中のサイトに表示されることになります。

バナーデザイン募集の締め切りは,9月22日です。

Asterisk1.6のCall for Testing

9.10で本格的に利用が可能になるソフトウェアの一つ(これまではリポジトリに用意されてはいたものの,「入っているだけ」レベルでした),Asteriskのテスト要請が出されています。Ubuntuを用いてIP-PBXを構築したい方はテストに参加し,バグを叩きだしておいた方が良いでしょう。

9.10の新機能(『ほぼ』確定版)その3

今回も前回前々回に引き続き,9.10の新機能を見ていきます。なお,例によって,「やっぱり無理」というコメントとともに10.04に延期という展開はこの期に及んでも起こりますので,『ほぼ』確定である,ということに注意してください。

今回で一通りの紹介が終了しますので,さらに9月25日号・10月2日号の2回を使い,Hundred Paper Cutsプロジェクトの残分情報をお届けする予定です。

apt-url経由でリポジトリ追加が可能になります

9.04までもapt-urlを用いて,「ブラウザ上でパッケージへのリンクをクリックするだけでソフトウェアがインストールできる」状態を作ることが可能でした。が,これはリポジトリ登録が行われないため,「インストールされるパッケージの中に,リポジトリファイルを含めておく」という変則的な対応が必要とされていました。たとえば,Ubuntu Oneのパッケージはこうした形を取っており,「リポジトリ登録のためのパッケージをインストール」した後に,さらにSynaptic等から別途インストール,という面倒な操作が必要となっています。

9.10ではapt-urlが拡張され,「ブラウザ上でリンクをクリックするだけで,パッケージとリポジトリが登録される」動作が可能になり,開発者がWebサイトでパッケージを配布することが非常に容易になります

Computer JanitorのUI変更

9.10では,Computer Janitor(不要パッケージの管理)UIが変更になります。具体的な更新版はまだリリースされていないため,現時点ではモックアップを見て,期待を膨らませるのが良いでしょう。

sysklogd -> rsyslog

これまでのUbuntuでは,デフォルトのsyslogデーモンとして,古典的なsyslogd実装のひとつ,sysklogdを利用していました。が,syslogdは捌けるログの量が少ない・TCPでの伝送ができない・バッファリングの制御ができない・特定のメッセージに反応してフックをかけることもできない・しかもシングルスレッド動作と,あまり充実したものではありませんでした。このため,現在では多くのLinux/Unixシステムで,古典的syslogdから新しい世代のsyslogdへの置き換えが行われています。

DebianではLenny以降,すでにrsyslogに移行を済ませていましたが,Ubuntuでも同様にrsyslogを利用する形となります。なお,9.04から9.10へのアップグレード時には,自動的に設定の引き継ぎが行われ,rsyslogへの移行が自動的に行われる予定です(ただし,サーバーなどで設定を変更している場合は,アップグレードの前後で動作を確認した方がよいでしょう)。

AppArmorのデフォルトプロファイル

UbuntuデフォルトのMAC(強制アクセス制御)機能であるAppArmorにも強化注1が行われます。AppArmorのEnforceモード(強制アクセス制御モード)の対象として,新たにntpd・evince(ドキュメントビューア)・libvirt(KVM・QEMU)加わります。これにより,こうしたプロセスが「乗っ取られて」被害を受ける可能性は大きく減少するでしょう。また,ユーザーが希望する場合,Firefox 3.5をEnforceモードの対象とすることが可能になります注2)。

注1
ちなみに,かつてSuSEでAppArmorを開発していたjjohanthen@は最終的にCanonicalに移籍し,Kernel Teamの一員としてAppArmorの開発・Ubuntu版KernelへのAppArmorのポーティング作業を行っています。
注2
ブラウザはMACの設定に必要な,「必要とされるアクセス」の洗い出しが困難であるため(特にFirefoxは拡張なども含めて適切な設定を模索する必要があるため),デフォルトで有効にするのはまだ先になります。企業内など,定型的な使い方しかしない環境(かつ,高度な保護が必要な環境)では役に立つでしょう。

ufwの機能強化

9.10ではufwにも機能強化が施されます。egressフィルタ(「外へ出て行く」通信の制約)が定義できるようになり,「システムから外部への通信」も制御できるようになります。また,ネットワークインターフェース単位の設定と,ufwのコマンドラインオプションをbashから補完できる(tabキーを押すとオプションが補完される)ようになります。

10.04 のUbuntu Developer Summit

9.10の開発が佳境に入る一方で,すでに「次」の開発の用意が始められています。Ubuntuの開発プロセスで「二番目」注3にあたる,10.04フェーズのUbuntu Developer Summit(UDS)の詳細が発表されています。10.04フェーズのUDSは,11月16日~20日にアメリカ国内で行われる予定です。

注3
「一番目」はMark Shuttleworthによる,コードネームと目標のアナウンスです。UDSの通称は「UDS (コードネーム)」(9.10では「UDS Karmic」)となるのが通例ですので,10.04関連のアナウンスがもうすぐ行われるでしょう。Fridgeによれば,「This will be the L release and while Mark has picked the name, it has not been announced yet. I will wait for him to get that juicy nugget of information out for you.」だそうです。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入